後天的な要因が細胞の遺伝情報に影響を与える

 

化学物質の影響


子供と親はよく似ています。骨格や髪の毛の質までも似るほどです。これは親が持つ遺伝情報が子供に引き継がれるからです。この遺伝情報は、簡単には変化しません。しかし、いくつかの条件下では、遺伝情報が変化させられてしまいます。

 

その条件の1つに、化学薬品があります。アメリカとベトナムが戦争した時に、アメリカ軍は「枯れ葉剤」を使用した話は有名です。その結果、ベトちゃん・ドクちゃんのような、奇形をもった子供が多く産まれました。その影響は現在も続いています。

 

日本でも高度成長時に、多くの化学物質を使用しました。その化学物質を適正に処理せずに、河川や空気中に放出した結果、水俣病やイタイイタイ病が発症しました。このように、化学物質は細胞の遺伝子を狂わせてしまうとても怖い物質です。

 

その他には、界面活性剤や防腐剤、または食品添加物などを長期的に摂取した場合、細胞の遺伝子に変化が生じるといわれています。

 

 

偏った「しつけ」が遺伝以外の病気の発症原因になる


親が離婚し再婚した場合は、家族構成が変わります。このとき、後妻さんが子供に対して暴力をふるったり、愛情を注がなかったりした場合、その子供は、ストレスによる病気が発生します。

 

他にも、大学教授や弁護士の子供が、親からの執拗な教育指導に耐えきれずに精神的に不安定になり、うつ病を発生することもあります。それとは逆に、幼少期は放任主義のしつけをしてきた親が、急に管理主義のしつけに変化させた場合にも、精神的な疾患がでる場合があります。

 

また、毎日の食事でも、遺伝子以外の病気が発生します。例えば、親がまともな食事を作らず、ジャンクフードばかりを食べている子供は、遺伝ではない若年性の糖尿病になったりします。

 

このように、親の偏った考えにより、遺伝情報ではない病気が発生する場合があります。

 

 

母体と病気の関係


病気の原因は遺伝以外に何があるのでしょうか? 1つは、妊娠中の母親の精神状態や栄養状態があります。つまり、妊娠中に極度のストレスや栄養不良に陥った場合には、遺伝以外の病気になる可能性が高くなります。

 

実際に、戦争の紛争地域で生活している妊婦は流産や早産、または死産の確率が高くなります。また未熟児で生まれてくる確率も高まります。

 

さらに、アフリカなどの食料難の場所に生まれてきた場合、母乳がでなかったり、母乳の栄養素が不足していたりして栄養失調に陥り病気になります。

 

このように、妊娠から出産、そして出産後の母乳のことなど母親と病気の関係は深いものがあります。

 

 

父親の遺伝子が変化する


上記したように、乳幼児の病気は母親の責任論が先行してきました。しかし、一つの実験結果から、父親にも遺伝以外の病気の発症原因があることが分かってきました。

 

その研究は、2013年にアメリカの研究チームが雑誌「ネイチャー」で発表しました。これを、まとめてみます。

 

この研究によると、「父親が何度も恐怖に遭遇すると、その記憶は精子を介して子孫に伝えられる」という内容です。 

 

研究は、マウスを使い下記のような手順で行われました。

 

 @オスのマウスの足に電流を流す装置をつける

 

 A「桜の花」の匂いをかがせその直後に、マウスの足に電流をながす。その実験を繰り返す

 

 Bオスのマウスにとって、桜の花の匂いが「恐怖の合図」になり、花の匂いを嗅いだマウスは震えだす

 

 Cそのマウスを「つがい」にし、交尾させ子供を作らせる

 

 D生まれてきた、子供のマウスにさまざまな「かおり」を嗅がせる

 

そうすると、父親が恐怖心をもった「桜の花」の匂いを嗅いだときだけ、子供のマウスが震え、強く怯えるしぐさを見せたそうです。

 

遺伝情報は精子内に組み込まれており、外からの影響には大きく左右されないと今までは考えられてきました。しかし、今回の実験では以下のようなことが分かってきました。

 

 @個体(この実験ではオスのマウス)の経験が遺伝子の情報に組み込まれる

 

 Aその組み込まれた新たな遺伝情報が後の世代に引き継がれる

 

この実験にはその後の続きがあり、最初の実験に使ったマウスの「」にあたるマウスにまで同じような反応がでたと発表しています。

 

驚くことに「子供」や「孫」にまで、変化した遺伝情報が伝わったことになります。実験に使った三世代のマウスの精子から取ったDNAを調べると、下記のようなことが分かってきました。

 

 @匂いにかかわる遺伝子のなかで、とくに嗅覚(しゅうかく)を制御する遺伝子に変化が起こっていた

 

 A脳の嗅覚神経細胞が大きく発達していた

 

このような変化がみられたそうです。Aの嗅覚神経細胞が発達した理由は、怖い匂いを「いち早く、感じとれる」ように発達したのではないかといわれています。

 

 

後天的な要因も病気の原因になる


我々の遺伝情報は、細胞のDNAに組みこまれています。そのおかげで、外的な要因では容易に変化をしないとされてきました。したがって、病気になる原因は、最初から組み込まれた遺伝情報の影響が大きいと考えられてきました。

 

しかし、今回のマウスの実験から、極度のストレスを経験すると、後天的な要因が遺伝子を変化させるということが分かってきました。マウスと人では、構造的にも違うところが多いですが、私は多くの患者さんを診てきた経験から、この記事を読んだ際に「人にも同じようなことが起こっている」と感じました。

 

病気になる一つの大きな要因は「遺伝」によるところがあります。しかし、遺伝だけではなく、ストレスなどによって細胞が傷つくことで、遺伝情報が適切に伝わらなくなります。そのことが原因で、遺伝以外の病気になる可能性もあることを認識してください。

川本療法の神髄を伝授:無料メルマガ登録




セミナーの開催のお知らせ



後天的な要因が細胞の遺伝情報に影響を与える 関連ページ

体について勉強していくと、病気は治せないことが分かる
健康な人は、異物に対する免疫反応が正常である
生まれてすぐに病気になる子どものメカニズム
「育てにくい子」が病気になるメカニズム
幼少期の抗生物質の服用と病気の関係
小胞体ストレスとB級品タンパク質の関係
うたた寝したら、なぜ風邪を引くのか
体老人ホームの入居者は、花粉症になる人は少ないが肺炎患者は多い
蜂に刺されて腫れる人、腫れない人
子宮頸がんワクチンの副作用から免疫を紐解く
細胞は復元されるなずが、、:リウマチが治らない理由
非ステロイド性抗炎症薬の機能を紐解く
「咳ぜんそく」は薬の副作用で発症する
自律神経の乱れが細胞修復を妨げ、病気を引き起こす
「食べれる」「呼吸できる」「出せる」「寝れる」ができると病気にならない
ミトコンドリアが作るATPが、自然治癒力の源である
細胞を修復してくれる物質に「ヘモグロビン」がある
脳を正常に動かすには栄養が必要である
遺伝の影響により細胞の復元能力に差ができる
5000種ある体内酵素が、細胞復元と病気の発症に影響を及ぼす
糖鎖の働きが健康維持には重要である
体内で発生する毒素が病気の原因になる
体内毒素の処理能力に個人差がある
アトピー性皮膚炎・膠原病・癌になる人の違いはどこにあるのか
生体水(体内に存在している水)が弱いと体内は酸化する
活性酸素の発生メカニズムと、その働きを紐解く
血管内を流れる血液が血管の細胞に傷をつける
過酸化脂質・糖質・タバコが血管の細胞を傷つける
合成界面活性剤は細胞にとって大敵である
小麦グルテンは、小腸壁の細胞を壊す
女性ホルモンや尿酸は、活性酸素を強力に除去する
なぜ、男性は腸が弱いのか
食事から摂取する抗酸化物質の働き
骨折により変形した関節は、なぜ元に戻らないのか
DNA・RNAが傷ついたとき、細胞復元を助ける核酸の役割とは
肝機能によるタンパク質合成能力が、細胞の復元に影響を及ぼす
背骨の配列のズレが、細胞復元に影響を及ぼす
体液(血液・リンパ液)が汚れると病気になる
体に必要な栄養素が不足すると病気になる

HOME プロフィール 川本療法の特徴 川本治療所 HP 治療家向けセミナー お問い合わせ