「食べれる」「呼吸できる」「出せる」「寝れる」ができると病気にならない

 

健康で生活できるには


人が健康に生きていけるかは、下記のことがスムーズにできているかで決まります。それをまとめてみます。

 

 @食べることができる

 

 A食べた物がきちんと消化できる

 

 B消化されたものが腸から吸収できる。(不必要な物は吸収しない)

 

 C吸収した食物を肝臓で代謝できる

 

 D代謝などにより発生した老廃物を、便・尿・汗として排出できる

 

 E質の良い呼吸ができる

 

 F質の良い睡眠がとれる

 

が正常にできなければ、人は病気になります。そのため、上記に挙げたことを正常にできない理由がわかり、克服できれば健康でいれるともいえます。

 

 

幼児期は、上記したことが正常に機能している


屈託のない笑顔や、駆け引きのない純真無垢さが幼児期の子供にはあります。そのような時期は食欲があり、大人顔負けの便量があります。これは、しっかり食べてしっかり出せているということです。また睡眠をみても整った深い呼吸で熟睡しています。

 

先天的な病気やアトピー性皮膚炎などの特別なケースを除き、幼児期から小学校の低学年のころは、頭痛や胃潰瘍、慢性の下痢などの症状を訴えることは少ないです。

 

これは、人間関係や競争原理がないために、ストレスが少なく脳の働きが安定しているためです。

 

 

思春期や成人は上述した機能が正常に働かなくなる


幼少期を過ごして小学校高学年になると、塾に行ったり、習い事で競争原理が働いたりしてストレスを感じはじめます。同様に、親も他の子供との能力の差を気にするようになり、焦りはじめます。

 

また、人が成長するにつれて、仕事が多忙になったり、人間関係が複雑になったりします。他にも、大きい家に住みたいなどの欲望を達成するために頑張り過ぎます。そのために多くのエネルギーが必要になり、その影響で多くの老廃物が発生します。

 

このようなストレス過多の状態が続くと、脳の働きが正常ではなくなり、上述した「@〜F」の働きに狂いが生じます。

 

 

体の老化により、老年期は上述した機能が正常ではなくなる


老年期になるとストレスは減りますが、体の機能が全体的に低下することで「@〜F」の働きの質が落ちてきます。

 

老化とは消化器が弱り、呼吸機能が低下し、代謝力が落ち、排出力が落ちることをいいます。そうなると、質の良い睡眠がとれなくなり体力が弱ります。

 

 

脳からの命令が正常でないと消化や呼吸が乱れる


幼少期に比べると、思春期や成人の方が病気になる確率は高くなります。その理由は、年をとることで内臓などの機能が低下するためではなく、ストレスが多くなることで、脳の働きに狂いが生じることが主な原因です。

 

 

情報化社会が人の脳を乱


現代に生きる人は、パソコンなどから多くの情報を知ることができます。これにより、物欲や好奇心が芽生えます。例えば、人が高級車に乗っていればそれが欲しくなります。また、友人が会社で出世したなら自分も同じような地位になりたくなります。

 

そのような生き方は、まさに現代に生きる人の特徴ともいえます。多くの欲望や負けん気が芽生えることで、自分の能力以上のこと成し遂げたくなります。そのようなことが脳神経を乱します。

 

脳神経が乱れれば、上述した「@〜F」の働きの質が落ちます。

 

 

お坊さんの生き方を考える


ストレス下で生活すると、ヒトの脳は緊張状態が続き正常な働きができなくなることはお伝えしました。そのような現代人とは逆の生活をしている人が坊さんです。

 

お坊さんはお布施で生活し、結婚もせず、お金儲けもしません。食事も寄付された物を少量食べるだけです。また、お経をあげることで呼吸法も取り入れています。ようするにお坊さんは、五欲煩悩(食欲・睡眠欲・性欲・金欲・物欲)を捨てて生活をしているのです。

 

その生き方を習慣づけることで、体に負担をかけすぎず、脳も安定してきます。その結果、脳のシグナルは正常に保つことができ、「@〜F」が正常に働けるのです。

 

 

生き方を変えられるか


果たして現代人は、お坊さんのような生き方ができるのでしょうか? それはとても難しく、現代人の多くは欲を捨てる生き方を選択できません。ようするに、五欲煩悩(食欲・睡眠欲・性欲・金欲・物欲)が抑制できずに頑張り過ぎてしまいます。

 

もちろん、お坊さんの生活は特別な例です。現代は、勉強や仕事を頑張らないと良い生活ができない環境ができています。したがって、頑張るしかないのです。そのためには、多少の無理をしたとしてもそれに耐えられる肉体を身につけることが必要です。

 

「現代人がストレスのある生活をしたとしても、脳が不安定にならない方法があるのか?」と問われそうですが、その方法はあります。

 

一般的には、頑張ることは「根性」が必要といわれています。そして、頑張れない場合は「根性がない」といわれます。その根性とは「気」のように受け止められますが、実際には、脳と体の関係が正常でないと根性は出ません。

 

ようするに、現代社会に負けないために、疲弊した脳を回復させる方法を知ることが必要なのです。

 

その方法とは、脳を安定させたり、内臓の働きを活性させたりする自己指圧法があります。その他には、脳に必要な栄養を獲得するための、栄養学を学ぶことでも解決できます。

 

「食べれる」「呼吸できる」「出せる」「寝れる」という、あたりまえのことが出来ないと病気になります。また、そのことが正常に出来ない原因は「多くの煩悩を叶えようとする思考」にあり、そのために脳からのシグナルが乱れます。

 

だからこそ「思考」と「脳」と「内臓」の関係性をより理解することが重要です。

川本療法の神髄を伝授:無料メルマガ登録




セミナーの開催のお知らせ



「食べれる」「呼吸できる」「出せる」「寝れる」ができると病気にならない 関連ページ

体について勉強していくと、病気は治せないことが分かる
健康な人は、異物に対する免疫反応が正常である
生まれてすぐに病気になる子どものメカニズム
「育てにくい子」が病気になるメカニズム
幼少期の抗生物質の服用と病気の関係
小胞体ストレスとB級品タンパク質の関係
うたた寝したら、なぜ風邪を引くのか
体老人ホームの入居者は、花粉症になる人は少ないが肺炎患者は多い
蜂に刺されて腫れる人、腫れない人
子宮頸がんワクチンの副作用から免疫を紐解く
細胞は復元されるなずが、、:リウマチが治らない理由
非ステロイド性抗炎症薬の機能を紐解く
「咳ぜんそく」は薬の副作用で発症する
自律神経の乱れが細胞修復を妨げ、病気を引き起こす
ミトコンドリアが作るATPが、自然治癒力の源である
細胞を修復してくれる物質に「ヘモグロビン」がある
脳を正常に動かすには栄養が必要である
遺伝の影響により細胞の復元能力に差ができる
5000種ある体内酵素が、細胞復元と病気の発症に影響を及ぼす
糖鎖の働きが健康維持には重要である
後天的な要因が細胞の遺伝情報に影響を与える
体内で発生する毒素が病気の原因になる
体内毒素の処理能力に個人差がある
アトピー性皮膚炎・膠原病・癌になる人の違いはどこにあるのか
生体水(体内に存在している水)が弱いと体内は酸化する
活性酸素の発生メカニズムと、その働きを紐解く
血管内を流れる血液が血管の細胞に傷をつける
過酸化脂質・糖質・タバコが血管の細胞を傷つける
合成界面活性剤は細胞にとって大敵である
小麦グルテンは、小腸壁の細胞を壊す
女性ホルモンや尿酸は、活性酸素を強力に除去する
なぜ、男性は腸が弱いのか
食事から摂取する抗酸化物質の働き
骨折により変形した関節は、なぜ元に戻らないのか
DNA・RNAが傷ついたとき、細胞復元を助ける核酸の役割とは
肝機能によるタンパク質合成能力が、細胞の復元に影響を及ぼす
背骨の配列のズレが、細胞復元に影響を及ぼす
体液(血液・リンパ液)が汚れると病気になる
体に必要な栄養素が不足すると病気になる

HOME プロフィール 川本療法の特徴 川本治療所 HP 治療家向けセミナー お問い合わせ