アドレナル・セラピストを紹介します

 

アドレナル・セラピーの最高峰「自立へ」を卒業された先生方


アドレナル・セラピーは「自分へ」「人へ」「もっと人へ」「自立へ」の4つの講座があります。

 

アドレナル・セラピーの最高峰である「自立へ」まで修了された方は、知識・施術力・人格を兼ね備えたことを川本治療所が証明し「アドレナル・プロ・セラピスト」と命名しています。

 

 注)アドレナル・プロ・セラピストの方の思想・活動の全てを川本治療所が指導している訳ではありません。

 

 

ここで、全国で活躍されているアドレナル・プロ・セラピストを紹介させて頂きます。

 

 

・アドレナル・プロ・セラピスト 1期生 3名

 

 

・沖縄県: 豊里 博也 (とよさと ひろや)先生

 

 

 

・鍼灸師・柔道整復師

 

鍼灸院・整骨院・カイロプラクティック院・一般病院リハビリ業務 を経て 2005年沖縄県名護市で鍼灸整骨院開院

 

豊里先生は、鍼灸・柔道整復・カイロプラクティック・頭蓋テクニック・筋筋膜療法など様々な施術を学んでこられました。

 

その経験から、「身体に適切な良い刺激を、適切な箇所に与えれば治癒力は向上する」という、刺激の重要性にたどり着きました。

 

太陽の国、沖縄にうつ病が、また、慢性疲労症候群が増えています。豊里先生は「沖縄を治す」という思いで、日々、勉強し施術に取り組んでいます。

 

 豊里先生からのコメント
アドレナル・セラピーについて:
膨大な知識と研鑽の上に成り立ち、栄養を考え、体の内・外からもアプローチするアドレナル・セラピー(川本療法)の考えに導かれ受講しました。

 

そのことで、アドレナル・セラピー理論とこれまでの経験が結びつき、根拠に基づいた問診、検査法・栄養学・指圧の精度を上げることができるようになり、難しい患者さんの不調を取り除き健康へ誘えるのではないかと考えます。

 

何に焦点を絞り、どの様に回復に導けるのかということを真面目に冷静にいろんな角度から判断していけるのが私の強みです。

 

現在使用しているテクニック:アドレナルセラピー ・ 神経筋無痛療法 ・疲労回復整体 ・筋筋膜リリーステクニック ・トリガーポイント療法 ・ゼロキロマット睡眠整体

 

また、病気の改善だけではなく、身体能力向上トレーニングの探究に力をいれ、学生や一般の競技者・ダンス・舞踊の芸術家の方の他、ボクサー・キックボクサー・相撲などの格闘技選手や野球、ゴルフ、ボート競技などのアスリートの方へも身体動作を伝えています。

 

その筋トレ方法は従来の重量や筋肥大に拘ったものではなく、「動作」「緊張と緩和の切り返し」を意識した特殊な筋トレで、アスリートの方々からも高い評価を得ています。

 

そのトレーニングにアドレナル・セラピー(川本療法)のエッセンスを加える事で、コンディション管理に関しても喜んでいただいております。

 

住所 沖縄県名護市大西4-17-25
電話 0980-53-5503
URL hiroya-nago.com

 

 

 

・南京都:梅谷 薪二(うめたに しんじ)

 

 

・柔道整復師

 

梅谷先生は、脳脊髄液を調整する「頭蓋仙骨(とうがいせんこつ)療法」に、アドレナル・セラピー(副腎を回復させる)をプラスした施術を行っており、病院では治りにくい疾患に取り組んでいます。

 

また、梅谷先生自身が柔術を得とくしていることで、筋肉や骨格へのアプローチも得意としています。

 

また、2018年から川本院長の東京での施術に同行し、川本院長と一緒に難病治療に挑んでいます。

 

 梅谷先生からのコメント
・アドレナル・セラピーについて:
現代に生活している方が不調になる背景に「副腎が関係している」とうことに感銘を受け、同資格を取得しました。

 

いままでの施術にアドレナル・セラピー理論を加味することで、病院では中々、改善しない疾患で悩んでいる方にとって、一筋の光を照らすことが出来るような施術家でありたいと思っています。

 

現代医療とアドレナル・セラピーについて:
現代医療の手術技術の向上は、素晴らしいものがあります。しかし、内科疾患や膠原病などへの対応は、局所に対する薬というアプローチであり、病気改善に対する指導などはあまり行われていないように思われます。

 

一方、我々が行うアドレナル・セラピーは、「皮膚と脳と副腎」の関係を重要視していることで、皮膚への刺激法に時間をかけます。
なぜなら、皮膚感覚が過敏すぎることで、負の情報が脳に伝わり過ぎるからです。

 

つまり、アドレナル・セラピーとは、優秀な医師が絶対しない、手技による皮膚へのアプローチをするこで、現代病に取り組んでいます。

 

現代社会は他者と比較・競争しなくてはいけないことが多々あり、生きて行くうえでストレスとは切っても切れない関係にあります。
そのストレスを感じるのが皮膚(感覚器官)であり、そのことが副腎を疲弊させ、自律神経の乱れを引き起こし、体調不良の原因となっています。

 

環境を変える事で改善できればいいですが、現状の環境を変えるというのはたやすいことではありません。
したがって、今置かれている環境の中で最善の方法を提案し、改善に導いていくことが私たちの役割だと思っています。

 

症状が起こったであろう原因、その原因に対するアプローチ、日常生活で行うべきこと・注意事項についてなどを私達は提案していけることが強みです。

 

 

HP:身体の治療所in南京都 presented by うめたに施術院
URL  https://treatment-center-minamikyoto.com/

 

ブログ: 
URL  https://treatment-center-minamikyoto.com/blog/

 

所在地
〒610-1141 京都市西京区大枝西新林町三丁目1-30
TEL/FAX 075-332-6564
Mail treatment-institute@umetani-sejutsuin.com

 

 

 

 

 

川本療法の神髄を伝授:無料メルマガ登録




セミナーの開催のお知らせ


治療,病気


治療,病気


HOME プロフィール 川本療法の特徴 川本治療所 HP 治療家向けセミナー お問い合わせ