2019年 3月 大阪・東京で専門家向けセミナー開催します。

 

専門家向け・アドレナル・セラピーの「自分へ」のセミナーをおこないます


今年でアドレナル・セラピーも3期目となります。1〜2期生を修了された先生の中には、人生が大きく変わったといっても過言ではないほど環境が変化した方もいます。

 

アドレナル・セラピーは、現代人の抱えている体の不調を回復させるための「理論・施術法」を学んで頂けます。

 

アドレナル・セラピーで学んで頂く内容は、流行り廃りのない「本当の施術法」です。

 

昭和11年に祖父が開院、私が後を継いで約30年、述べ、約75、000人を診てきた理論・施術の集大成を公開していきます。

 

「本当の施術」を学びたいと思っている人は、思いきって、飛び込んできてください。お待ちしております。

 

(注)専門家向けとは、
医療従事者(柔整師・鍼灸師・按摩・マッサージ・指圧・カイロプラクターなど)の他、ヨガ指導者・エステティシャン・健康指導者や未経験者でも今後健康指導者を目指している人を対象にしたセミナーです。

 

 

 ・4つの講座で構成されているアドレナル・セラピーの最初の講座「自分へ」のセミナーとなります。

 

最初の講座の「自分へ」は、将来、家族やクライアントに施術するためにはとても重要な講座内容です。 

 

アドレナル・セラピーの理念や講座構成などは「アドレナル・セラピーについて」を参考にしてください。

 

 

アドレナル・セラピーとは

 

現代人の身体で最も弱っている臓器(器官)は何処だと思われますか? それは副腎です。
なぜなら、脳がストレス情報を受け取った際に、真っ先に命令を出すのが副腎だからです。

 

つまり、副腎が生産するホルモンがストレスに対応するホルモンだからです。

 

アドレナル・セラピーとは、現代人が最も疲弊している副腎を回復させるノウハウを学ぶ講座です。

 

 

アドレナル・セラピーの「自分へ」を学ぶ理由


現代人が罹る病気に対し、現代医療は機能していない

 

現代医学は各検査の結果から症状をひも解くが、検査結果が明確に出ない病気に対しては患者さんへの説明や治療法が不十分である点があります。

 

説明のしにくい症状に、起立性調整障害、慢性疲労症候群、自己免疫疾患、慢性の下痢・頭痛など例を上げると切りがありません。

 

そのような症状を現代病と私は表しています。その現代病発症の背景に「副腎」が関係しています。

 

アドレナル・セラピーの「自分へ」とは「副腎を理解」し「そのアプローチ法」を「まずは自分自身が体験してみる」セミナーとなります。

 

 

医師でない医療従事者が現代病を改善に向かわせることが出来る

 

上記したような症状、いわゆる現代病に、現代医療は投薬での対処療法しか方法がありません。

 

現代病の改善に必須なのが「皮膚へのアプローチ」です。なぜなら、「皮膚」と「脳」と「副腎」と「免疫」は切っても切れない関係だからです。

 

そこで重要な役割を担うのが柔整師・鍼灸師・カイロプラクター・各種セラピスト・病人を持つ家族であると私は考えています。

 

なぜなら、我々は医師が絶対に行わない「皮膚へのアプローチを苦にしないで施術することができる」からです。

 

患者さんは、病気の箇所を「触って診てほしい」という気持ちを強くもっています。しかし、医師は患者さんの患部に触れることはしません。(多忙すぎるため)

 

そのことで患者さんは不満を持ち、心も不安になってきます。そこで医師のしない「皮膚へのアプローチ」を我々がすることが出来れば、、、

 

そして、もう一つ大切なことは「知識」です。現代病に関する知識がないと患者さんの信頼を得ることはできません。

 

「皮膚へのアプローチ」「現代病への知識」そのことを身につけることで患者さんとの信頼関係は深まります。

 

 

「アドレナル・セラピーの「自分へ」で学ぶこと

 

 アドレナル・セラピー理論

 

 副腎が疲弊すると:
皮膚や粘膜、または感覚器官を過敏にし過ぎることで、脳に「負の情報が伝わります」

 

 副腎が疲弊する人のタイプ:
・遺伝的要因 後天的要因 副腎を強くする方法はあるのか?
「副腎回復」に対するノウハウを提供します

 

 自分力の低下と免疫の関係:
「自分力」と「免疫」の関係をひも解いていきます

 

 副腎と糖鎖(とうさ)の関係:
糖鎖(とうさ)というセンサーが、すべての細胞に存在します。糖鎖センサーと副腎の関係を理解することは現代病克服には必須知識です

 

 自己免疫疾患が急増している理由:
現代人と免疫過剰との関係を分かりやすくお話しします。

 

 副腎疲労を回復させる手法は?:
その方法、それは意外な箇所へのアプローチで可能になります。また、甲状腺との関係も重要です。

 

 アレルギー反応がなく胸やけ胃もたれのない人は短命である:
元気と思っている、または元気だと思われている人が短命な理由を解説します。

 

 自己指圧の重要性:
自己指圧をすることのメリットとは? また、実際に3種類の器具を使い自己指圧法を体験して頂きます。

 

 栄養学について:
最新の栄養学をお伝えします。1つ1つの細胞が働くことで人は元気になります。
細胞を働かせるためには何が必要かを学んで頂きます。

 

 補助商品について:
川本治療所で実績をあげている、補助商品・サプリメントを公開します。

 

 アドレナル・セラピー実践

 

 川本式・姿勢改善法:
姿勢が悪いと神経命令・体液の流れなどに悪影響がでます。
このセッションでは猫背・O脚・ストレートネックの解消法を学ぶことができます。

 

 タッピング法と副腎チェック法:
副腎は何処にあるのか? タッピングをすると副腎はどうなるのか? を学んで頂きます。

 

 自己指圧法:
実際に川本治療所で推奨している器具を使い自己指圧法を得とくして頂きます。

 

 質疑応答
講座内容や日ごろ思っている身体に対する疑問をお聞きし返答させて頂きます

 

 

アドレナル・セラピーの「自分へ」を終えると


貴方に希望と自信がみなぎってきます。そして、早く「人へ」習ったことをアウトプットしたくなります。

 

この日をきっかけに、貴方の施術人生は一変することでしょう。

 

人の手で施術することで、人が持ち得ているシステムが正常化する。このことお伝えできればと思います。

 

セミナーは少人数で行うため、参加人数限りがあります。

 

 

日時: 大阪  2019年3月3日 

 

    東京  2019年3月10日

 

 

場所:大阪・東京とも、決まり次第お知らせします

 

時間:9時40分集合 開始10時 終了17時30分 (40分休憩)

 

 10時〜12時30分 :アドレナル・セラピー理論
 13時10分〜 理論への補足とアドレナル・セラピー実践
 16時35分〜 質疑応答
 17時15分〜 次の講座「人へ」の案内

 

料金:25000円プラス税金2000円  合計27000円 (丸太1200円付)

 

懇親会 17時30分から 料金4320円(税込み) 懇親会に出席の方は合計31320円を振り込みお願いします。

 

持ち物:
テニスボール・筆記用具 軽食(休憩時に必要な方) スカートではない服装 バスタオル2枚

 

 

アドレナル・セラピー「自分へ」のセミナーに申し込む

 

 

 

最期に、、、、

 

私は凡人治療家です。特殊な能力は持ち得ていません。したがって、一瞬で痛みを取ったり、歩けない人を歩かせるような芸当はできません。

 

しかし、私は多くの現代病を回復させてきました。なぜでしょうか?

 

その理由は、凡人だから、特殊な能力がないから、、、、「皮膚へのアプローチをサボらずに、真摯に」、独立後29年間で約7万人の方を診てきたからです。

 

そのノウハウをセミナーでは包み隠さずお話しさせて頂きます。そして、一人でも多くの「本当の治療家」が育ってほしいと思っているからです。

 

では当日、お会いしましょう!

 

アドレナル・セラピー「自分へ」のセミナーに申し込む

川本療法の神髄を伝授:無料メルマガ登録




セミナーの開催のお知らせ


治療,病気


治療,病気


HOME プロフィール 川本療法の特徴 料金・診察時間 治療家向けセミナー お問い合わせ