ミトコンドリアが作るATPが、自然治癒力の源である

 

人はなぜ、動くことができるのでしょうか?


唐突ですが、人はどのような仕組みで活動できているのかを考えたことがありますか?

 

車はエンジンやバッテリーがあります。しかし、人にはエンジンやバッテリーはありまん。それなのに、人は基本的には3回の食事と呼吸と水分でハードな生活をしています。

 

なぜ、そのようなことができるのでしょう。不思議ですね。その不思議な世界の主人公は「ミトコンドリア」です。

 

人間はなぜ、病気になるのか? という疑問に色々な意見があると思います。その1つに先天的や後天的な原因でミトコンドリアの働きが低下し、エネルギーが不足していることがあります。

 

細胞内に存在するミトコンドリアによって合成されたATP(エネルギー)は全ての活動のエネルギー源です。また、遺伝情報に基づきタンパク質を合成したり、老廃物などの循環処理するポンプのエネルギー源でもあります。

 

また、ミトコンドリアで生産されるATPは、痛みとも関係しています。例えば、ケガをし血管が損傷すると、血液が届かなくなることでミトコンドリアではATPが生産できなくなります。

 

すると、細胞でATPが生産できない部分に痛みが生じます。つまり、痛みというのは「ここに栄養素が足りない」と脳に知らるサインともいえます。

 

上述してきたように、何十兆個もあるといわれている細胞1つ1つが正常に働くことで健康が維持できているのです。つまり、細胞レベルで健康を考えていかねばならない時代が来たと言えます。

 

 

働きが弱い細胞は遺伝の影響と後天的な影響がある


病気になる人、ならない人の差はどこにあるのか? この問いの答えは1つではありません。その原因の1つに、細胞でATPを生産する能力が高いか低いかが関係しています。

 

細胞でATPを生産する能力が低い人は、遺伝的な要因や後天的な要因で、細胞に必要な物質が届きにくいことがあります。その原因をまとめます。

 

 ・背骨のズレからくる神経圧迫:
遺伝的要因で、背骨にズレがあると脊髄神経が圧迫され細胞に必要な酸素や栄養素などが届きにくくなります。背骨のズレを正すことは細胞の活性には必須といえます。

 

 ・ヘモグロビンの生産能力が低い:
酸素がないと数分で細胞は壊死します。しかし、酸素を多く供給しても酸素が結合する相手「ヘモグロビンの質・量」に問題があると、血中酸素濃度は向上しません。
酸素ヘモグロビンの質が悪いとミトコンドリアでのエネルギー生産力は低下します。したがって、ヘモグロビンの生産能力を向上させることは重要です。

 

 ・ストレスで呼吸が浅くなる:
現代はストレス社会です。ストレスに見舞われると呼吸が浅くなります。特に就寝時に交感神経優位になっていることで、寝ている間の呼吸が浅くなります。酸素不足は細胞へ大きなダメージを与えます。

 

 ・糖代謝異常:
細胞にはビタミン・ミネラルの他に糖質が必要です。遺伝的要因で糖代謝が下手な人は、摂取した糖を細胞に運びこむことができません。そのことで細胞は糖不足となりエネルギー生産能力は低下します。

 

 ・栄養素のない食事:
現代の環境下で生産された食材には、ミネラル類やビタミン類の栄養素が不足しています。ミネラル類やビタミン類がないと細胞でのエネルギー生産能力は低下します。

 

 マイナス電子が不足している:
体内はマイナスの電子が帯電しており、プラス電子を浴びるとマイナス電子が引き抜かれ体内は酸化の方向に傾きます。例えば、病院でレントゲン検査を受ける、飛行機に乗る、電子機器を使って仕事をするなど現代人は毎日、大量のプラス電子を浴びています。

 

健康維持には細胞でATPを生産できるか、できないかが重要なポイントです。そのためには上述したような「細胞に必要な材料」がいるということです。

 

 ミトコンドリアが働くと病気は治る
ひと昔前になりますが、サッカー選手のベッカム氏が酸素カプセルで骨折を通常より早いスピードで回復させたことはご存知かと思います。

 

つまり、骨折した細胞を通常より早く治すには「酸素」が必要ということです。

 

時代が進み、2018年、スケート選手の羽生結弦選手が足を怪我しました。オリンピック開催まで日にちがないことで大勢の方は、羽生結弦選手の出場は難しいのではないかと思っていました。

 

しかし、羽生結弦選手はオリンピックに出場し見事に金メダルを獲得しました。

 

ここで疑問に思うことは、どのような手法で羽生選手のケガが回復したのかということです。

 

その1つに「チタンカプセル」があります。チタンやゲルマニウムに熱が加わるとマイナス電子が発生します。つまり、羽生結弦は酸素カプセルに加え、電子をチャージしてケガを克服したのです。

 

「電子をチャージ」する。この聞き慣れない言葉ですが、病気の人の中には実際に「電子チャージ」を行っている人がいます。例えば、東北地方にある玉川温泉にガン患者が湯治に行くこともその1つです。

 

玉川温泉の地面には「北投石(ほくとうせき)」というラジウム鉱石が存在し、そのラジウム鉱石が地熱で温められることでマイナス電子が発生します。

 

マイナス電子をチャージすることで、細胞(ミトコンドリア)はATPを生産できるようになり、病気や疲労を回復方向に導いてくれます。

 

健康を語るときの中心は栄養学でした。食材からビタミン・ミネラルを摂取することはとても重要です。しかし、栄養療法以外に必要なことがあることが分かってきました。

 

それは「電子」です。「電子をチャージする」 今は聞きなれない言葉ですが、今後の健康維持には「電子」の存在が重要になってくるとを思われます。

川本療法の神髄を伝授:無料メルマガ登録




セミナーの開催のお知らせ



ミトコンドリアが作るATPが、自然治癒力の源である 関連ページ

体について勉強していくと、病気は治せないことが分かる
健康な人は、異物に対する免疫反応が正常である
生まれてすぐに病気になる子どものメカニズム
「育てにくい子」が病気になる子のメカニズム
炎症時に上昇するCRPとは、何を調べているのか
うたた寝したら、なぜ風邪を引くのか
体老人ホームの入居者は、花粉症になる人は少ないが肺炎患者は多い
蜂に刺されても1回目は腫れない理由
子宮頸がんワクチンの副作用から免疫を紐解く
細胞は復元されるなずが、、:リウマチが治らない理由
非ステロイド性抗炎症薬の機能を紐解く
「咳ぜんそく」は薬の副作用で発症する
自律神経の乱れが細胞修復を妨げ、病気を引き起こす
「食べれる」「呼吸できる」「出せる」「寝れる」ができると病気にならない
脳を正常に動かすには栄養が必要である
遺伝の影響により細胞の復元能力に差ができる
5000種ある体内酵素が、細胞復元と病気の発症に影響を及ぼす
糖鎖の働きが健康維持には重要である
後天的な要因が細胞の遺伝情報に影響を与える
細胞を修復してくれる物質に「ヘモグロビン」がある
体内で発生する毒素が病気の原因になる
体内毒素の処理能力に個人差がある
アトピー性皮膚炎・膠原病・癌になる人の違いはどこにあるのか
生体水(体内に存在している水)が弱いと体内は酸化する
活性酸素の発生メカニズムと、その働きを紐解く
血管内を流れる血液が血管の細胞に傷をつける
過酸化脂質・糖質・タバコが血管の細胞を傷つける
合成界面活性剤は細胞にとって大敵である
小麦グルテンは、小腸壁の細胞を壊す
女性ホルモンや尿酸は、活性酸素を強力に除去する
なぜ、男性は腸が弱いのか
食事から摂取する抗酸化物質の働き
骨折により変形した関節は、なぜ元に戻らないのか
DNA・RNAが傷ついたとき、細胞復元を助ける核酸の役割とは
肝機能によるタンパク質合成能力が、細胞の復元に影響を及ぼす
背骨の配列のズレが、細胞復元に影響を及ぼす
体液(血液・リンパ液)が汚れると病気になる
体に必要な栄養素が不足すると病気になる

HOME プロフィール 川本療法の特徴 川本治療所 HP 治療家向けセミナー お問い合わせ