5000種ある体内酵素が、細胞復元と病気の発症に影響を及ぼす

 

人は生命活動の全分野に、酵素を必要とする


人体は、「酵素で動いている」といっても過言ではありません。すべての生命の根幹は、「DNA」と「酵素」の働きによるものです。

 

「DNA」は、その種の遺伝に関与します。また、「酵素」は体内での代謝(化学変化によって新しい物質を造る)のすべてに関与します。その具体的な働きを下記にまとめます。

 

 @消化・吸収、または排出に酵素は不可欠である

 

 A呼吸や筋肉の動きまたは神経伝達に酵素は不可欠である

 

 Bホルモンの命令を受け、触媒(新たに物質を造り出す)の役目に酵素は不可欠である

 

 C体内で行われている代謝の全てに酵素は不可欠である

 

上記した酵素の働きは代表的なものであり、体内で「生産」された酵素は、約5000種存在し、5000種の仕事を受け持っています。

 

アルコールが飲めない人は、アルコール分解酵素が少ないのは有名な話です。その他にも、活性酸素を除去するのはSODという酵素があり、また唾液・涙・鼻水にはリゾチームトいう酵素が含まれていて細菌の侵入を防いでいます。

 

その酵素は、体の中で作られます。酵素がどのようにして造られるかというと、食物が消化、吸収され、肝臓で「固有のたんぱく質」ができます。そこに微量元素(ビタミン・ミネラル)が結びついて酵素が完成します。その5000種ある酵素ですが、それぞれの酵素は体内では1つの仕事しか受け持つことができません

 

酵素の作業スピードは驚異的である


ここで、酵素の大きさはどれくらいなのかというと、直径5〜20ナノメートル(1ナノメートルは1ミリの100万分の1)ほどの球状です。この大きさはとても小さく、一般的な顕微鏡では見ることはできません。

 

大きさを他のものと比較すると、酵素の直径5〜20ナノメートルに対し、細胞内にあるミトコンドリアや大腸菌は直径2000ナノメートル、肝臓を組織している細胞の直径は2万ナノメートルです。酵素がいかに小さいかがわかります。

 

さて、その酵素は、自分でエネルギーをつくることはしません。酵素は他の物質を変化させ、新たな物質をつくる(触媒)作業をしています。そのスピードは驚異的で、10の7乗倍(1000万倍)の速さで触媒作業をします。

 

このスピードは、1000万時間かかる作業を1時間で済ますほどです。そのような機械は人工的に作ることはがきません。

 

実際の酵素反応を例に挙げてみますと、カタラーゼという酵素は、過酸化水素(H2O2)を水と酸素に変化させます。その反応スピードは、カタラーゼ1個が1秒間に約10万個の過酸化水素を分解します。また、カルボニックヒトラーゼという酵素は、体内でできた60万個の二酸化炭素(CO2)を1秒間で水に変えるほどです。

 

体内で起こっている酵素反応のシステムに驚きを隠せません。また、いかに酵素が大切かを理解して頂いたと思います。医学界も、この酵素を注視しています。なぜなら、病院でおこなわれる血液検査で、何を検査しているのかというと、その多くは「血液中に増減している酵素量」を調べているからです。

 

また、薬がなぜ効くのかというと、多くの薬は、この酵素の反応を「鈍らす」ように、酵素をターゲットにつくられているからです。

 

 

5000種ある酵素の働き次第で細胞の復元能力が決まる


人は、消化酵素、分解酵素、代謝酵素、呼吸酵素、血液凝固酵素、筋肉を動かす酵素など生命維持には何千種類もの酵素を必要としています。

 

この酵素は、自分でエネルギーを作ったりせずに、ホルモンなどの作用を受けて新たな物質を作り出す触媒の役割を担っています。

 

残念なことに、全ての生命メカニズムに関与している酵素約5000種の働きは、遺伝子によって決定されています。したがって、個人の酵素反応の強い箇所、または弱い箇所が存在します。その酵素反応が弱い箇所の細胞が侵されたと仮定したら、その箇所の細胞の復元はスムーズにはいきません。

 

体内で約5000種あるということは、5000種類の仕事を、酵素がしているということです。「その酵素を増やすためにはどうしたら良いのか?」 と、酵素食品を取る人がいます。しかし、酵素を口から入れても、唾液や胃酸で分解されて酵素では無くなって吸収されます。

 

口から入れて効果のある酵素食品は、ジアスターゼなどの消化酵素だけです。最近、酵素のサプリメントを服用する方が増えています。しかし、5000種ある体内の酵素を増やすサプリメントは存在しません。

 

現に、アルコールが飲めない人を、対象にした、アルコール分解酵素を増やすサプリメントは存在しません。アルコール分解酵素という、たった1種類の酵素すら増やすことができないわけですから、5000種の酵素をサプリメントで増やすことができない理由は、ご理解できたかと思います。

 

5000種の酵素の働く能力は、残念ながら遺伝子によって決められています。したがって、現在、働いている酵素の質を保つことが大切になります。

 

酵素の働きを維持するには、精神的な安定と、食事を咀嚼(そしゃく)・消化・吸収・代謝・排出ができること、また質の良い呼吸と睡眠が基本です。しかし、最も大切なことは、肝臓を元気に保つことであると、私は考えています。

 

なぜなら、約5000種ある酵素の半数の2500種に肝臓がかかわっているからです。

 

 

酵素を働かせる食材


酵素反応を活性化させるにはビタミン・ミネラルの摂取が不可欠です。なぜなら、酵素反応は酵素単独では起こらず、補酵素であるビタミン・ミネラルが酵素に結合することで触媒(化学反応)が起こるからです。

 

酵素反応を高めるにはビタミン・ミネラルの摂取が不可欠です。特に現代では土壌汚染や海洋汚染の影響でミネラルの摂取が困難な状況です。

 

人の機能を正常に働かせるためには約70種のミネラルが必要といわれています。そのような上質のミネラルを摂取する方法を模索しなければなりません。

 

また、酵素反応を活性させるといわれている食材に発酵食品があります。それらを取ることで、数種類の酵素が活性化することは確認されていますが、その作用は一部にすぎません。

 

病気とは、「細胞が修復されていない状態」ということです。本来、人はDNA・RNAの情報をもとに、細胞の材料である「固有タンパク質」を傷んだ細胞に送り込み修復していきます。しかし、そこに「酵素反応」という作業が加味されないと、細胞の復元は難しくなるのです。

川本療法の神髄を伝授:無料メルマガ登録




セミナーの開催のお知らせ



5000種ある体内酵素が、細胞復元と病気の発症に影響を及ぼす 関連ページ

体について勉強していくと、病気は治せないことが分かる
健康な人は、異物に対する免疫反応が正常である
生まれてすぐに病気になる子どものメカニズム
「育てにくい子」が病気になるメカニズム
幼少期の抗生物質の服用と病気の関係
小胞体ストレスとB級品タンパク質の関係
うたた寝したら、なぜ風邪を引くのか
体老人ホームの入居者は、花粉症になる人は少ないが肺炎患者は多い
蜂に刺されても1回目は腫れない理由
子宮頸がんワクチンの副作用から免疫を紐解く
細胞は復元されるなずが、、:リウマチが治らない理由
非ステロイド性抗炎症薬の機能を紐解く
「咳ぜんそく」は薬の副作用で発症する
自律神経の乱れが細胞修復を妨げ、病気を引き起こす
「食べれる」「呼吸できる」「出せる」「寝れる」ができると病気にならない
ミトコンドリアが作るATPが、自然治癒力の源である
細胞を修復してくれる物質に「ヘモグロビン」がある
脳を正常に動かすには栄養が必要である
遺伝の影響により細胞の復元能力に差ができる
糖鎖の働きが健康維持には重要である
後天的な要因が細胞の遺伝情報に影響を与える
体内で発生する毒素が病気の原因になる
体内毒素の処理能力に個人差がある
アトピー性皮膚炎・膠原病・癌になる人の違いはどこにあるのか
生体水(体内に存在している水)が弱いと体内は酸化する
活性酸素の発生メカニズムと、その働きを紐解く
血管内を流れる血液が血管の細胞に傷をつける
過酸化脂質・糖質・タバコが血管の細胞を傷つける
合成界面活性剤は細胞にとって大敵である
小麦グルテンは、小腸壁の細胞を壊す
女性ホルモンや尿酸は、活性酸素を強力に除去する
なぜ、男性は腸が弱いのか
食事から摂取する抗酸化物質の働き
骨折により変形した関節は、なぜ元に戻らないのか
DNA・RNAが傷ついたとき、細胞復元を助ける核酸の役割とは
肝機能によるタンパク質合成能力が、細胞の復元に影響を及ぼす
背骨の配列のズレが、細胞復元に影響を及ぼす
体液(血液・リンパ液)が汚れると病気になる
体に必要な栄養素が不足すると病気になる

HOME プロフィール 川本療法の特徴 川本治療所 HP 治療家向けセミナー お問い合わせ