胃とヒスタミン反応と発酵食品の関係

発酵食品とヒスタミン」についてです。

 

自分力が低下すると、体内を過剰に守ろうとヒスタミン反応が過剰になります。

 

一般的に、ジンマシンの原因とされているようにヒスタミンは、悪者扱いされています。

 

しかし実際は、体の機能には欠かせない、非常に重要な生理活性化学物質です。

 

例えば、神経伝達物質であり、胃酸、血管、筋収縮、および脳機能の調節に関わっています。

 

ヒスタミンは、ヒトでは皮膚、肺、胃で最も量が多く、脳と心臓では少量確認されています。

 

ヒスタミンは普段、白血球や肥満細胞に「格納」され存在しています。

 

しかし、ウィルスや花粉、ダニ、ハウスダスト、ペットのフケなどが体内に侵入してくると活性化されます。

 

生体システムを守るための「防衛化学物質」として血液細胞中に放出されます。

 

放出されたヒスタミンの中心的働きに「血管透過性亢進」があります。

 

「血管透過性亢進」を説明します。
血管内は構造は「メッシュ構造」になっています。

 

栄養を細胞に届ける際は、「メッシュが広がり」血管壁から栄養が滲みでます。

 

つまり血管の収縮を増大させるとともに、メッシュの間隔は広げるという離れ業を血管は行っています。

 

メッシュの間隔が広がることで、白血球やアミノ酸(水)が血管をすり抜けて、炎症部位へ運ばれやすくする状態を言います。

 

鼻水とは鼻の血管のメッシュが広がることで、水(アミノ酸)が過剰に届けられた現象。

 

また、ジンマシンは血管のメッシュが広がり、患部に赤い成分(ヘモグロビン)が過剰に届けられた現象となります。

 

アレルギー症状が発生する背景には、ヒスタミンが過剰に生産されることによって、血管透過性亢進を伴う血管のメッシュの拡張、血管自体は収縮という作用があるからです。

 

 

「ヒスタミン反応は発酵食品で過剰になる」
ヒスタミンは人の体内でつくられるだけでなく、食品や飲み物からの摂取して体内に入る経路も有ります。

 

ヒスタミンは、アミノ酸をバクテリアが持つ「代謝酵素」によって生産することが確認されています。

 

味噌、醤油、納豆、キムチ、鰹節、塩辛、醸造酒、ナタデココ、アンチョビ、漬けもの、魚醤、発酵バターなど微生物による発酵食品をはじめ、ヨーグルト、ナチュラルチーズ、ワインの製造過程で関わるバクテリアの多くが、発酵過程でヒスタミンを生産します。

 

このほか、熟成工程や保存加工を経た肉や魚で使用するバクテリアも同様にヒスタミンを生産します。

 

ヒスタミンを生産するバクテリアの中には0℃前後の低温で繁殖する種もいて、長期間冷蔵保存している魚等でも保存中に大量のヒスタミンが生産されることが確認されています。

 

日本では健康の源と思われている、発酵食品がヒスタミンを生産していることで、体内のヒスタミン反応を過剰にしている可能性があります。

 

アレルギーの治療で行き詰っている人は、一度、2週間、発酵食品を止めてみてはいかがでしょう。

 

川本療法の神髄を伝授:無料メルマガ登録




セミナーの開催のお知らせ



胃とヒスタミン反応と発酵食品の関係 関連ページ

痩せている人が太れない理由:胃との関係
胃が弱い真実:胃が生産するホルモンとの関係
?せている人が元気が出ない理由:糖が細胞に届かない
痩せてる人が元気が出ない理由:細胞に届いた糖を利用できない
痩せてる人が元気が出ない理由:糖には種類がある
痩せてる人が太れない理由:膵臓との関係
痩せてる人が太れない理由:隠れ糖尿病である
痩せてる人が太れない理由:胆汁とコレステロールの関係
痩せ型タイプが脂肪肝になる理由
痩せてる人が太れない理由:甲状腺ホルモンの関係
痩せてる人が太れない理由:血管と血球との関係
貧血の原因は鉄分不足だけではなく、腎臓も関与している
痩せてる人が太れない理由:酵素との関係
痩せてる人が太れない理由:性格との関係
痩せてる人が低血糖になる理由:インスリンホルモンや糖の「質」を考える
痩せ型タイプと軽度うつ症状の関係
アルブミンとの関係
痩せ型タイプと植物繊維性便秘の関係
痩せ型タイプの食事思想を変える
「胃もたれ」や「胸やけ」を感じない人は短命の危険性がある
夏太りするタイプは大病を患う
炭水化物がやめられない理由
胃に優しい日本食が胃がんを誘発する?
傷んだ箇所を治す為の物質が、症状を悪化させる
血液検査が正常でも体調がおもわしくない理由:甲状腺編
変形関節の原因を探る:外反母趾になる原因
変形関節の原因を探る:女性ホルモンとの関係
眼科にいっても「疲れ目」や「目の違和感」が治らない理由
腸内細菌のバランスが崩れる本当の理由
糖尿病で腎臓が侵される:腎臓にとって悪いのは塩か?
タバコを止めると、口内炎や頭痛が発症する理由
利尿剤を飲むと、なぜ痛風は悪化するのか
幼児側彎症は、外科や整体では治らない
38歳、独身女性「プチ鬱(うつ)」の発症メカニズム
新鮮な牡蠣で「食あたり」する理由
季節によって体調が不調になる理由
脂肪肝になるのは、脂肪の摂取が原因ではない
過敏性大腸炎と潰瘍性大腸炎の違い
脱毛と円形性脱毛との違い
糖尿病でなくても糖は控える
腸よりも、胃や膵臓や胆のうの働きが重要
幼児側彎症は、整体やカイロプラクティックでは治らない
沖縄の男性の病気の発症理由
薬で症状を抑えると他の病気になる
環境汚染や食品添加物により病気が発症する
呼吸が浅いと病気になる

HOME プロフィール 川本療法の特徴 川本治療所 HP 治療家向けセミナー お問い合わせ