副腎疲労症候群と塩分と果物の関係

 塩分を控えるように指導する医師
副腎疲労症候群の特徴の1つに、塩分を無性に欲します。私が診る患者の中には「マイソルト(自分用の塩)」を持ち歩いている人がいます。それは、レストランで出てくる食事では塩分が不足と感じ、自前の塩をふりかけて食べるためです。

 

その状況を医師に相談すると、「塩は高血圧の原因になるので控えなさい」と言われ、患者も医師の意見を聞き「マイソルト」の持参をやめます。

 

数日経つと、塩を控えた副腎疲労症候群の患者の体調は、最悪になることが多いです。

 

 アルデステロンという

川本療法の神髄を伝授:無料メルマガ登録




セミナーの開催のお知らせ



副腎疲労症候群と塩分と果物の関係 関連ページ

ストレスと副腎の関係
副腎と脳の関係を理解する
皮膚と脳と副腎との関係を理解する
視床下部と下垂体と副腎の関係
副腎ホルモンの重要性
ホルモン量が正常でも症状が回復しない理由
ホルモンが造られ過ぎても、体調不良が起こる
副腎疲労症候群の原因と病態
虐待と副腎と免疫の関係
副腎疲労症候群になりやすい性格や環境
低エネルギー状態と副腎疲労との関係
副腎を医学界が認識しない理由
低血糖ではなく、「低エネルギー症」である<
体内で「糖を生産する」ことが下手な人がいる
副腎疲労症候群に糖質ゼロ甘味料は禁止である
副腎疲労症候群にビタミンCの落とし穴
副腎疲労症候群とアレルギー疾患の関係
アナフェラキシーショックの真実
副腎疲労症候群と慢性の炎症体質
副腎疲労症候群と自己免疫疾患の関係
副腎疲労症候群と甲状腺の関係
副腎疲労症候群と女性ホルモンの関係
「怒り」と副腎疲労症候群の関係
副腎疲労症候群と糖尿病の関係
ヘルペスウイルスで原因不明の神経痛や頭痛を生じる理由
突発性難聴はヘルペスウイルスに侵されて生じる
ヘルペスウイルスで生じる群発性頭痛、筋線維痛症、多発性硬化症
ヘルペスウイルスで生じるベーチェット病や全身性エリトマトーデス
自律神経失調やうつ症状をひも解く

HOME プロフィール 川本療法の特徴 料金・診察時間 治療家向けセミナー お問い合わせ