副腎疲労症候群と塩分と果物の関係

 塩分を控えるように指導する医師
副腎疲労症候群の特徴の1つに、塩分を無性に欲します。私が診る患者の中には「マイソルト(自分用の塩)」を持ち歩いている人がいます。それは、レストランで出てくる食事では塩分が不足と感じ、自前の塩をふりかけて食べるためです。

 

その状況を医師に相談すると、「塩は高血圧の原因になるので控えなさい」と言われ、患者も医師の意見を聞き「マイソルト」の持参をやめます。

 

数日経つと、塩を控えた副腎疲労症候群の患者の体調は、最悪になることが多いです。

 

 アルデステロンという

川本療法の神髄を伝授:無料メルマガ登録




セミナーの開催


副腎疲労症候群と塩分と果物の関係


副腎疲労症候群と塩分と果物の関係


HOME プロフィール 川本療法の特徴 料金・診察時間 治療家向けセミナー お問い合わせ