川本療法の特徴

私はこれまで、約6万人の患者さんを診てきました。その経験から思うことは、病気を治すことは簡単ではないということです。

 

私は「どうしたら病気を回復させられるか?」と考えながら日々努力を重ねてきました。その結果として私が行きついた答えは、「その患者さんに合わせて、さまざまな治療を総合的に行わなければ、患者さんの健康を取り戻すことはできない」ということです。

 

実際のところ、世間では病気の治療に対して、次のようなことが頻繁に言われています。

 

・OOをしたら病気が治る
・OOを飲んだらガンから回復する
・OO施術を受ければ一発で腰痛が良くなる

 

このようなことが言われる理由は、特定の病気や症状に対して「これをすれば治る」と言うことにより、一般の人には分かりやすくインパクトがあるからです。

 

そのためか、カイロプラクターは「背骨を治すだけで症状が改善する」と考えて施術します。また、内科の場合には、内臓の状態だけを考えて治療を行います。

 

しかし、病気は捻挫などの外傷を除けば、遺伝子の影響を強く受けます。また、食事法や喫煙など、生活習慣の影響などの原因は多岐にわたります。

 

さらに、ストレスや人間関系の不一致などの精神面の要因が複雑に絡みあって発症する場合もあります。つまり、一つの原因だけで病気が発症しているのではないのです。

 

したがって、「OOで病気が治った」「OOを飲めば症状が良くなる」などのように1つの方法だけでは、病気を改善させることは難しいです。

 

その一方で、川本療法は「さまざまな治療による総合力」で病気に立ち向かいます。具体的に言いますと、指圧を基本としつつ、皮膚、自律神経(ストレス)、呼吸、内臓、体内の水(生体水)などのさまざまな要素を網羅した指導を行っています。

 

そのため、川本療法では、特定の施術や考え方に偏るような、浅い指導は一切行いません。

 

それでは、川本療法が提案する「総合力を重視した治療法」が、実際にどのように行われていくのかについて、順番にご説明します。

 

・患者さんの多種の症状を聞き、原因を紐解き、解決法を提案する
まず何をおいても重要なことは「問診」です。私は初診のとき、2時間以上の時間を費やし、患者さんと話をします。

 

なぜ、問診に時間をかけるかというと、患者さんと話をすることで、病気の発症原因のヒントを紐解くことができるからです。また、そのことで患者さんとの信頼関係を構築することができます。

 

その他にも、長時間の問診をする理由があります。それは長期間病気を患っている人は、自分の考え、いわゆる「持論」を持っています。

 

しかし、その持論は間違っていることが多々あります。多くの患者さんは、持論に固執するあまり新規の情報が耳に入らず、また新たなことにチャレンジしません。

 

そのような思考になった理由は、医療従事者の責任でもあります。病気の初期は、医師や治療家または栄養指導者の指導に耳を傾けていたことでしょう。しかし、その説明を聞き、治療や栄養療法を実践しても治療効果が出ないことで、患者さんは医療に不信をもつようになります。そうして、やがて独自の持論が芽生えるようになります。

 

上記したように、私が初診の患者さんに対し、長い時間をかけて話をすることはお伝えしましたが、その主な理由は私の経験や知識を駆使することで、患者さんの「持論を緩やかに崩していく」ためです。

 

つまり、問診で患者さんとの信頼関係を深め、その人が間違った持論を持っているなら、それを「やんわり」と指摘します。これによって、思考の転換を図れるかどうかが、患者さんの病気回復のポイントになります。

 

また、本当に病気の治療ができる人は、その分だけ強い信念と覚悟を持っています。そして、治療家のアドバイスを親身に受け取り、信頼関係を築きながら病気と闘える人です。

 

そのため当治療所では、治療に関する持論を捨て、私の意見を素直に取り入れていただける患者さんに対してのみ、施術させていただくことにしています。

 

・体に必要な栄養素、不要な栄養素を理解してもらう
問診の際には、私自身が考える「体に必要な栄養素」と「体に不要な栄養素」についての説明を分かりやすく行います。

 

現代人は体を使っての仕事が減り、脳を使って仕事をする機会は増えています。そのことで、脳には多くの栄養素が必要です。

 

脳を正常に働かせるためには、どのような栄養素が必要か、または、それは体内のどこで造られるのかについて患者さんに丁寧にご説明します。

 

例えば、脳への栄養の中には体内に存在する酵素で合成されることがあります。その酵素反応を高めるのには、ミネラルやビタミンが必要です。

 

また、脳には多種のホルモンが必要なために、ホルモンを造るための栄養素を摂り、ホルモンを合成する内分泌器官を指圧法により元気にしていくことも必要です。

 

一方、脳の働きを妨げる要因もあります。それはどのような物なのかも併せて理解して頂きます。これらの知識を取り入れることで、普段の生活を改善できるようになります。それが結果として、症状の改善に近づけると私は考えています。

 

・生体水(体内に存在する水)を綺麗に保つ
体の中に含まれている水のことを、生体水といいます。そして当治療所では、問診の際に生体水についても詳しくお伝えします。ここでは、生体水とはどんな水なのか、また、どのような働きをするのかを理解して頂くための説明をします。

 

人の体の60〜70%は水です。体内に存在する水を生体水といいます。この生体水をきれいに保つことは、健康維持に必須であると私は考えています。

 

なぜなら、生体水が汚れることで、神経伝達の速度が低下したり、異種の細胞(ガンやポリープ)が発生したりするからです。そのため、生体水化された水を摂取することは、生体水をきれいに保つ一番の早道になります。

 

そして川本療法では、それぞれの患者さんに適した生体水の提案も行っております。

 

・血管と血流が乱れると、多種な症状が出る
川本療法では、生体水の説明に加えて血管と血流についても、患者さんにわかりやすくお伝えします。

 

血管の中を血球(血液)が通過するとき、血管と血球との間で摩擦が起こると、血球が保有する栄養素は血管壁から滲み出て細胞に届きます。つまり、血管と血球は「程よい摩擦」が必要になります。

 

しかし、病気や薬の影響で血管が硬くなっていたり、精神の緊張で血管が異常収縮していたりすると、硬く収縮した血管内を血球が通過する際に、摩擦抵抗が高まり過ぎます。これによって活性酸素が発生し、炎症が起きます。

 

また、頭痛や霜焼け、アトピー性皮膚炎、喘息などを発症理由の1つに、異常収縮した血管と血球との摩擦抵抗があります。

 

そして川本療法では、これらの異常を改善するための栄養療法やサプリメントの服用を行います。

 

・指圧療法で内臓・器官を活性化させる
問診の次は、実際の施術に入ります。このときの主な施術としては、祖父・重雄が考案した「神経指圧療法」を行っていきます。

 

当院独自の指圧療法を駆使することで、弱っている内臓・器官への神経命令を活性させます。これにより、患者さんの体の改善を試みます。

 

・皮膚刺激をすることで自律神経を整える
また、川本療法独自の指圧療法を行うことで、皮膚が刺激されます。このときの皮膚の刺激が、自律神経の働きを正常化します。

 

現代病ともいえる自律神経の失調を解消に導くには、神経指圧で皮膚を刺激することが一番良いと考えています。なぜなら、皮膚を手で触ることで、「手の温もりと気持ちよい刺激」が脳に伝わり、自律神経が安定方向に導かれるからです。

 

そのことで安眠傾向になり、なおかつ呼吸が深くなります。その結果、不眠症が改善したケースも存在します。

 

・ストレスの影響を受ける副腎の働きを回復させる
また、川本療法独自の指圧療法では、腎臓の近くにある副腎という臓器の機能回復も行います。そして、副腎の機能が正常化することで、免疫機能を整えることができます。

 

脳はストレスを感じたときに、副腎にホルモンの合成を促します。そして副腎は、ストレスに対応するためのホルモンを作る働きを持っています。

 

脳からの過剰な命令に副腎は疲弊し、その影響で免疫が過敏な状態になります。そこで、川本療法の根幹である指圧療法を行い、副腎機能を回復させて免疫機能を安定させます。

 

・肝臓を守るため、毒素を減らす
また川本療法では、独自の指圧療法の他に糖質制限とサプリメントの服用を組み合わせて、肝臓の改善を図ります。さらに、実際に肝臓の治療に入る際には、肝臓を正常に保つ方法についても、納得していただけるようにご説明します。

 

人の体で解毒作用があるのは肝臓だけです。肝臓は体内で発生する活性酸素や乳酸、または腸内で発生するガスなどを解毒しています。また、口や鼻、皮膚から入ってくる毒素(化学物質など)を日々解毒しています。

 

さらにいえば、飲食ではお酒は肝臓に負担をかけることはご存じでしょう。ただ、糖質(炭水化物)の過剰摂取により、体内で余った糖質を処理しているのは肝臓です。

 

その証拠に、アルコールを飲まないのに肝臓数値に異常がある「非アルコール性肝炎」という病気をもつ方がいます。そしてこの背景には、糖質(炭水化物)の過剰摂取があります。

 

つまり、体内で発生したり、体外から入ってきたりする毒素の量を減らすと同時に、糖質やアルコールなどを控え、肝臓の負担をいかに減らすことができるかが肝臓の状態を大きく左右します。

 

実際に患者さんに糖質を減らしていただく、あるいは腸内で発生するガスを抑えるサプリメントを服用することで、「寝起きが良くなった」「身体が軽くなった」といった変化を体感する人が多くいらっしゃいます。

 

そのため、体内に存在する毒素量を減らし、肝臓の解毒作業を少なくすることは、健康維持に必須です。

 

・背骨のズレを正し、神経の詰まりを解消する
川本療法では、指圧療法と並行して背骨の矯正を行います。背骨と健康は密接に関係しているため、この施術も指圧療法と同じく、極めて重要なものになります。

 

脳から伸びた神経は背骨を経由して内臓に分布しています。そして、「背骨のズレ」は内臓の働きに異常を引き起こす恐れがあります。そこで、当院独自の背骨矯正を行って内臓・内分泌器の働きを活性化させ、正常な状態に戻します。

 

・浅い呼吸から深い呼吸へ誘う
また川本療法では、独自の指圧療法と背骨矯正を組み合わせて、患者さんの呼吸の改善も行います。具体的に言いますと、胸椎の3番目と腎臓を指圧療法でアプローチし、背骨の矯正を行って胸郭が開くポイントを刺激します。これにより、患者さんの呼吸を深いものへと改善していきます。

 

現代ではストレスに悩む方が多いです。人は、ストレス下で生活すると過緊張傾向になり、その影響で呼吸が乱れます。つまり、呼吸が浅くなることで体内は酸欠状態になります。そして、代謝機能が低下したり、血液が運ぶ酸素量が減ったりすることで体調不良になります。

 

そこで、川本療法独自の指圧法と背骨矯正を行って、呼吸を深いものへと改善することで、体の機能の正常化が期待できると考えています。

 

・他人に頼りきるのではなく、自分でも努力する
川本療法では、私たち専門家の施術だけでなく、患者さん自身の努力も重要視しています。そのため、患者さんには私たち専門家が持つ知識をわかりやすく伝えた上で、当治療所に来られない場合を考慮して、自分1人でできる施術の指導も行っています。

 

病気が治すために、病院や治療院などに通院している人は多いです。しかし、病院では3分ほどの診察で病気を治療しようとします。

 

そのような状況では、思うように症状は好転しません。そこで私は、患者さんに医療機関に通院しない日は、自分で指圧を行うための「自己指圧」を勧めています。自己指圧のやり方としては、簡単な道具を使い、副腎を中心として自分の弱い個所を刺激していきます。

 

実際のところ、医療機関の施術だけでは、患部への刺激が少なすぎます。例えば、背骨のズレは遺伝的要素が強く反映されます。そのズレを簡単に戻すことはできません。こうした体の異常を取り除くためには、当治療所での施術や栄養療法、サプリメントの服用に加え、自己指圧を採り入れていただくことが効果的だと考えています。

 

つまり、医療機関の先生に頼るだけではなく、自分でも努力することが大切だということです。

 

例えば、自己指圧を布団の中で行えば、不眠症の人も知らぬ間に眠りにつけることが多いです。良い睡眠は健康の基本です。そのため、普段の生活に自己指圧を採り入れるだけでも、とても価値があります。

 

上記してきたことは、私が掲げる「総合力」の一部です。

 

つまり、患者さんの症状に対応するためには、施術者により多くの知識や経験がないと、病気を改善に向かわせることは難しいです。

 

そのため、本気で症状を回復させたいのであれば、私たちのように実績がある治療家の指導を受けることが最も賢明な判断であると考えています。

 

総合力を駆使し、脳を安定させる
人が生命を維持するためには、食べた物を消化・分解して吸収する必要があります。さらに、それを代謝して細胞に運び、エネルギーを造り出さなければなりません。また、エネルギーを造る際に発生する老廃物を解毒し、排出できれば健康で生活できます。

 

その基本的な働きが無意識にできて、はじめて健康で過ごせます。しかし、その基本的な働きを乱すのは精神的ストレスです。

 

そして、精神的なストレスの影響を最初に受けるのは脳です。そのため、ストレスによりダメージを受けた脳をどのように回復させていくかが重要なポイントになります。

 

一般的には、ストレスから避けるような指導がなされますが、私は「ストレスから逃避するのではなく、積極的に目標達成に取り組んで下さい」とお伝えしています。なぜなら、現代社会を生きる上で、ストレスを完全に回避するのは不可能だと考えているからです。

 

そのかわり、「疲れた体を回復させるプログラム(総合療法)をきちんとやっていきましょう」とお伝えしています。

 

川本治療所は身体を「治療する所」です
川本治療所という名前の由来は、読んで字のごとく「身体を治療する所からきています」と患者さんに説明しています。

 

そして、川本治療所に来院されている方は、私の知識や経験から「その意味」を理解してくれています。

 

しかし、残念ながら、患者さんの家族などは、「マッサージで病気が治るのか?」と疑問を投げかけます。その疑問はある意味で正しいです。

 

なぜなら、一般の方は鍼灸・指圧・あん摩・マッサージ・カイロプラクティックなどの違いが分からないからです。さらに、それらの施術に対して、病気の改善を望むのではなく、リラックス程度の効果しかないと思われています。

 

私も長い間、治療家の世界に身を投じていますが、とても危惧することがあります。それは、ほとんどの治療家が努力不足で、結果を出せていないからです。

 

実際のところ、病院では治らない病気が多くあります。そして、そのような病気を改善方向に向かわせることが、私たちの使命だと考えています。

 

そして、病気や体調不良などでお悩みの方は、ぜひとも川本治療所をご利用ください。長年培ってきた知識と技術を大いに活用し、患者さんが健やかに生活できるように全力で取り組ませていただきます。

 

診療時間や料金、場所については以下のページからお願いします。

 

「料金・診察時間・場所」のページへ

川本療法の神髄を伝授:無料メルマガ登録




セミナーの開催


川本療法の特徴


川本療法の特徴


HOME プロフィール 川本療法の特徴 料金・診察時間 セミナー開催 お問い合わせ