炭水化物がやめられない理由

 

炭水化物(デンプン)には糖質が一杯


炭水化物(デンプン)は糖が連なっている形状をしています。そのことで甘さは感じませんが、炭水化物(デンプン)には多くの糖質が含まれています。

 

例えば、うどん1玉には角砂糖に換算すると約14個分の糖が含まれています。また、パン100gには角砂糖に換算すると約12個分の糖が含まれています。しかし、多くの方は「デンプン=糖が多い」とは認識していません。

 

炭水化物(デンプン)を食べても味覚では甘さを感じませんが、身体は炭水化物(デンプン)には糖が含まれていることを認識しています。そのことで、疲れたときなどに炭水化物(デンプン)を食べる人は少なくありません。

 

 

肥満の人は炭水化物(デンプン)が好きである


肥満の人は汗をかきながらラーメン・焼き飯セットを食べているイメージを持っている人は少なくないでしょう。実際に、肥満の方は炭水化物(デンプン)を過剰に食べてしまう傾向にあります。

 

炭水化物や甘い物を過剰に食べる人を、英語では 「Carbo Craver(カーボクレーバー)」や「Sugar Craver(シュガークレーバー)」と言います。

 

Cravingとは「渇望(かつぼう)」という意味で、上記したように、炭水化物や甘いものを異常に食べたくなる衝動を もった人のことを言います。

 

 

トリプトファンと炭水化物(デンプン)の関係

 

1日を通して、食事や間食で甘いものを渇望する人の多くは「トリプトファンが不足している」という研究報告が多くあります。

 

栄養医学研究所の故・佐藤氏の師匠であるDr.ライトのタホマクリニックでも、炭水化物過食による肥満の患者さんの血中トリプトファンを検査しした結果、90%の患者さんがトリプトファンが不足している現状があったと報告しています。

 

そして、炭水化物過食による肥満の患者さんの多くにうつ症状・情緒不安・不眠などの症状がみられると報告しています。

 

なぜなら、トリプトファンは代謝されることによって、うつ症状・情緒不安・不眠などのに関わるセロトニンという神経伝達ホルモンに変化するからです。

 

セロトニンの量は炭水化物(デンプン)を摂取することによって増加しますが、この背景は、炭水化物(デンプン)を摂取した後に分泌されるイ ンスリンホルモンの働きが大きく関係しています。

 

インスリンホルモンはアミノ酸(トリプトファン)を運ぶトランスポーター(運び屋)です。つまり、インスリンホルモンの働きにより血液中のトリプトファンを効率的に細胞内に運びこみます。

 

 

ここで疑問が生じます

 

上記したように、炭水化物過食による肥満の患者さんの血中トリプトファンを検査した結果、90%の患者さんがトリプトファンが不足しているとお伝えしました。

 

血液中のトリプトファンが少ないということは、トリプトファンはインスリンホルモンの作用で細胞内に運びこまれこまれたことが推測できます。

 

ここで疑問が生じます。

 

炭水化物(デンプン)を過剰に摂取することでインスリンホルモンが分泌され、トリプトファンは細胞内に運ばれた(血液中のから減った)のなら、細胞内はトリプトファンで満たされたことになります。

 

しかし肥満の人は、炭水化物(デンプン)の過食が止まりません。なぜでしょうか? インスリンホルモンの作用で細胞内にトリプトファンが運びこまれ代謝されセロトニンが合成されれば、炭水化物(デンプン)を追加摂取する必要はなくなるはずです。

 

糖尿病の方にインスリン抵抗性という症状を発症する方がいます。

 

ここでインスリン抵抗性についてまとめます。

 

 @インスリンには糖を細胞まで運ぶ作用がある

 

 Aインスリン抵抗性とは、細胞のセンサーがインスリンが運んできた糖の受け入れを拒否する

 

 Bその背景に、インスリンの質の低下が影響している

 

 C「B」の理由以外に、細胞のセンサーが怖がりになり、必要な物質まで敵とみなす

 

上記したように、インスリン抵抗性を発症すると、細胞に糖が届かなくなり糖代謝異常(糖尿病)を生じます。

 

 

インスリン抵抗性はトリプトファンも運びこめない!?

 

 

 

しかし、インスリンホルモン(運び屋)はトリプトファンだけに働くのではありません。トリプトファンと同じ、大型の中性アミノ酸に分類されている「イソロイシン・ロイシン・フェニルアラニン・チロシン・バリン」に対してもインスリンホルモンは作用(運び屋)します。

 

つまり、自分を優先的に細胞に運んで欲しいと、トリプトファンも中性アミノ酸(イソロイシン・ロイシン・フェニルアラニン・チロシン・バリン)もインスリンホルモンを奪い合うという争奪戦を繰り広げるのです。

 

例えば、インスリンホルモンが中性アミノ酸(イソロイシン・ロイシン・フェニルアラニン・チロシン・バリン)を選択した場合、トリプトファンは運び屋争奪戦に負けて、トリプトファンが細胞内へ運びこまれる量が減ります。

 

その結果、セロトニンの合成が低下し精神的機能などセロトニンの不足が関わる症状が現れることになります。

 

このような状態になると、セロトニンの合成をあげるために炭水化物(甘いもの)を要求するようになるというわけです。

 

 

栄養療法における肥満とシュガークレイバーの治療に際して血液中のトリプトファンとヒスチジン・イソロイシン・ロイシン・メチオニン・フェニルアラニン・ス レオニン・チロシン・バリの濃度を検査してその比率を見ることがありますが、トリプトファン:他のアミノ酸の比率はかなり低下しています。

 

 

最近は 20代、30代でもよく見られるシュガークレーバーを原因とする肥満ですが、肥満傾向にある方の多くは食欲のコントロールが上手にできていないことが少な くありません。こういった人たちのトリプトファン:他のアミノ酸の比率を検査分析してみると、比率が低くトリプトファンが不足していてことが多く、結果と して食欲をコントロールするセロトニンの合成が低下していることも少なくありません。

 

栄養療法ではこのような症状を改善するために、食事の1時間ほど前にトリプトファンのサプリメントを1,000から2,000mg摂取してもらうことでシュガークレービングの症状が顕著に改善し、食欲コン トロールが改善されて肥満を改善させることもあります。ただ、長期間に及ぶ場合には軽い眠気、注意散漫、のぼせのような症状がでることがあるため、乗り物の運転は避けるとともに、専門の知識を持った医師やカウンセラーの指示に従うべきだと思います。

川本療法の神髄を伝授:無料メルマガ登録




セミナーの開催のお知らせ



炭水化物がやめられない理由 関連ページ

痩せている人が太れない理由:胃との関係
?せている人が元気が出ない理由:糖が細胞に届かない
痩せてる人が元気が出ない理由:細胞に届いた糖を利用できない
痩せてる人が元気が出ない理由:糖には種類がある
痩せてる人が太れない理由:膵臓との関係
痩せてる人が太れない理由:隠れ糖尿病である
痩せてる人が太れない理由:胆汁とコレステロールの関係
痩せ型タイプが脂肪肝になる理由
痩せてる人が太れない理由:甲状腺ホルモンの関係
痩せてる人が太れない理由:血管と血球との関係
貧血の原因は鉄分不足だけではなく、腎臓も関与している
痩せてる人が太れない理由:酵素との関係
痩せてる人が太れない理由:性格との関係
痩せてる人が低血糖になる理由:インスリンホルモンや糖の「質」を考える
痩せ型タイプと軽度うつ症状の関係
アルブミンとの関係
痩せ型タイプと植物繊維性便秘の関係
痩せ型タイプの食事思想を変える
「胃もたれ」や「胸やけ」を感じない人は短命の危険性がある
夏太りするタイプは大病を患う
傷んだ箇所を治す為の物質が、症状を悪化させる
血液検査が正常でも体調がおもわしくない理由:甲状腺編
変形関節の原因を探る:外反母趾と女性ホルモンの関係
眼科にいっても「疲れ目」や「目の違和感」が治らない理由
腸内細菌のバランスが崩れる本当の理由
糖尿病で腎臓が侵される:腎臓にとって悪いのは塩か?
うたた寝したら、なぜ風邪を引くのか
タバコを止めると、口内炎や頭痛が発症する理由
体老人ホームの入居者は、花粉症になる人は少ないが肺炎患者は多い
利尿剤を飲むと、なぜ痛風は悪化するのか
幼児側彎症は、外科や整体では治らない
38歳、独身女性「プチ鬱(うつ)」の発症メカニズム
蜂に刺されても1回目は腫れない理由
新鮮な牡蠣で「食あたり」する理由
糖尿病でなくても糖は控える
脂肪肝になるのは、脂肪の摂取が原因ではない
過敏性大腸炎と潰瘍性大腸炎の違い
脱毛と円形性脱毛との違い
腸よりも、胃や膵臓や胆のうの働きが重要
幼児側彎症は、整体やカイロプラクティックでは治らない
沖縄の男性の病気の発症理由
薬で症状を抑えると他の病気になる
環境汚染や食品添加物により病気が発症する
呼吸が浅いと病気になる

HOME プロフィール 川本療法の特徴 料金・診察時間 治療家向けセミナー お問い合わせ