痩せてる人が太れない理由:酵素との関係

人は生命活動の全分野に、酵素を必要とする
元気な人と病気がちな人の差は何かと問われると、「酵素の働きの差」といっても過言ではありません。すべての生命の根幹は、DNAと酵素の働きによるものです。

 

DNAは、その種の遺伝に関与します。また、酵素は体内での代謝(化学変化によって新しい物質を造る)のすべてに関与します。その具体的な働きを下記にまとめます。

 

 @消化・吸収、または排出に酵素は不可欠である

 

 A呼吸や筋肉の動き、または神経伝達に酵素は不可欠である

 

 Bホルモンの命令を受け、触媒(新たに物質を造り出す)の役目に酵素は不可欠である

 

 C体内で行われている代謝の全てに酵素が必要である

 

上記した酵素の働きは代表的なものであり、体内で「生産」された酵素は、約5000種存在し、5000種の仕事を受け持っています。

 

アルコールが飲めない人は、アルコール分解酵素が少ないのは有名な話です。その他にも、活性酸素を除去するのはSODという酵素があり、また唾液・涙・鼻水にはリゾチームトいう酵素が含まれていて細菌の侵入を防いでいます。

 

その酵素は、体の中で作られます。酵素がどのようにして造られるかというと、食物が消化、吸収され、肝臓で「固有のたんぱく質」ができます。そこに微量元素(ビタミン・ミネラル)が結びついて酵素が完成します。その5000種ある酵素ですが、それぞれの酵素は体内では1つの仕事しか受け持つことができません

 

痩せ型タイプが太れない理由の一つに酵素の働きが弱いことが関係しています。

 

その影響で上述した「@〜C」の働きが弱く、虚弱体質になる傾向が強いです。

 

 体内に存在する酵素は増やすことはできない
「体内酵素を増やすことができれば健康になれるのでは」と思っている人は多くいます。広告をみても酵素の重要性を謳う商品に溢れています。しかし、実際は体内酵素を増やすことはできません。

 

なぜなら、それは遺伝子により働きが決まっているからです。

 

しかし、体内酵素を活性化させることは可能です。その方法は酵素を働かせる際に必要なビタミン・ミネラルを食事から摂取することです。

 

酵素はビタミン・ミネラルがないと働きが鈍ります。したがって、有能なビタミン・ミネラルは痩せ型タイプの人には必須になります。

 

 痩せ型タイプは炭水化物中心なためにビタミン・ミネラルが不足する
痩せ型タイプは消化酵素が弱く、タンパク質や脂質を分解する力が低い傾向にあります。そのため、食事の中心は炭水化物に偏ります。

 

精製された炭水化物には有能なビタミン・ミネラルが含有されていないことで酵素反応は低下します。また、炭水化物に含まれる糖質をエネルギーに変える際に多くのビタミン・ミネラルを使うことで、さらに体内にはビタミン・ミネラルが不足傾向になります。

 

また日本人の観念に、野菜や果物から多くのビタミン・ミネラルを摂取しようとする傾向が強くあります。しかし、野菜や果物が保有するビタミン・ミネラルでは量がたりません。

 

新鮮な魚介類や肉は野菜や果物より多くのビタミン・ミネラルを保有しています。しかし、痩せ型タイプは消化酵素が弱いために魚介類や肉類を避ける傾向にあるために、有能なビタミン・ミネラルの摂取量が不足します。

 

そのことで、元来働きの弱い体内酵素にビタミン・ミネラルが不足し、作用しないことで痩せ型は常に疲労感にみまわれます。

 

 発酵食品を積極的に食べる
有名な酵素食品に「マンダ酵素」があります。名前から連想すると、あたかも酵素を摂取できると錯覚してしまいます。しかし実際は、酵素を摂取しても胃酸で分解されてしまいます。

 

したがって、酵素食品を摂取しても体内酵素は増やすことはできません。

 

それでは、「マンダ酵素」とはどのような物かというと、野菜や果物を発酵させることで有能なビタミン・ミネラルを作り出している、いわゆる「補酵素(酵素を活性させる物質)」になります。

 

ようするに、世間で謳われている酵素食品はあくまで「補酵素」ということです。

 

しかし、この補酵素がないと体内酵素は働きが低下するので痩せ型タイプは積極的に摂取した方がよいです。

 

 ビタミン・ミネラルを酵素に作用させる物質がある
食事から多くのビタミン・ミネラルを摂取しても元気になれないのが痩せ型の特徴でもあります。

 

その理由に、摂取したビタミン・ミネラルを体内酵素に作用させる物質が弱いことがあります。

 

その物質の1つにビタミンB6があります。ビタミンB6を多く含む食品はアボカドやバナナ、ふすま(小麦の皮)、ビール酵母、ニンジン、鶏肉などがあります。

 

しかし、ビタミンB6は食品から摂取してもそのままでは使うことはできません。ビタミンB6を肝臓で「体内で使えるビタミンB6」に変換できるかできないかが大きなポイントになります

 

痩せ型タイプはこのビタミンB6を肝臓で変換する能力が低い傾向にあります。

 

そのせいで、いわゆる「痩せの大食い」といわれるほど食事を食べても、その栄養素が酵素に反応することができない傾向にあります。

 

このように、栄養を多く摂取したからといって全てが体で活かせるわけではありません。

 

痩せ型タイプを元気にすることは大変です。なぜなら、遺伝的に体内酵素の働きが弱いうえに、食事を消化する力も弱く、それらを利用する酵素の働きも弱いからです。

 

したがって、その弱い体内酵素を効率よく働かせるための方法を、医療従事者が知る必要性があります。しかし、日本ではそのような情報は少ないです。

 

私は「痩せ過ぎは病気である」と思っています。しかし、理屈を理解し努力していけば改善は可能であると考えています。

川本療法の神髄を伝授:無料メルマガ登録




セミナーの開催


痩せてる人が太れない理由:酵素との関係


痩せてる人が太れない理由:酵素との関係

痩せてる人が太れない理由:酵素との関係 関連ページ

痩せている人が太れない理由:胃との関係
痩せてる人が太れない理由:膵臓との関係
痩せてる人が太れない理由:胆汁とコレステロールの関係
痩せ型タイプが脂肪肝になる理由
痩せてる人が太れない理由:甲状腺ホルモンの関係
痩せてる人が太れない理由:血管と血球との関係
貧血の原因は鉄分不足だけではなく、腎臓も関与している
痩せてる人が太れない理由:性格との関係
痩せてる人が低血糖になる理由:肝臓とグリコーゲンの関係
痩せ型タイプと軽度うつ症状の関係
アルブミンとの関係
痩せ型タイプと植物繊維性便秘の関係
痩せ型タイプの食事思想を変える
「胃もたれ」や「胸やけ」を感じない人は短命の危険性がある
夏太りするタイプは大病を患う
傷んだ箇所を治す為の物質が、症状を悪化させる
血液検査が正常でも体調がおもわしくない理由:甲状腺編
変形関節の原因を探る:外反母趾と女性ホルモンの関係
眼科にいっても「疲れ目」や「目の違和感」が治らない理由
腸内細菌のバランスが崩れる本当の理由
糖尿病で腎臓が侵される:腎臓にとって悪いのは塩か?
うたた寝したら、なぜ風邪を引くのか
タバコを止めると、口内炎や頭痛が発症する理由
体老人ホームの入居者は、花粉症になる人は少ないが肺炎患者は多い
利尿剤を飲むと、なぜ痛風は悪化するのか
幼児側彎症は、外科や整体では治らない
38歳、独身女性「プチ鬱(うつ)」の発症メカニズム
蜂に刺されても1回目は腫れない理由
新鮮な牡蠣で「食あたり」する理由
「11月病」って、知っていますか?
糖尿病でなくても糖は控える
脂肪肝になるのは、脂肪の摂取が原因ではない
過敏性大腸炎と潰瘍性大腸炎の違い
脱毛と円形性脱毛との違い
腸よりも、胃や膵臓や胆のうの働きが重要
幼児側彎症は、整体やカイロプラクティックでは治らない
沖縄の男性の病気の発症理由
薬で症状を抑えると他の病気になる
環境汚染や食品添加物により病気が発症する
呼吸が浅いと病気になる

HOME プロフィール 川本療法の特徴 料金・診察時間 セミナー開催 お問い合わせ