新鮮な牡蠣で「食あたり」する理由

 新鮮な食材に反応する人が増えている
最近、人と同じ食事をしたにもかからず、「自分だけが食あたり」を起こす人が増えています。

 

つまり、一緒に食べた人が症状がでないで、自分だけが食あたりするのは食材は悪くないということになります。

 

基本的に、「食あたり」は鮮度の落ちた食材で発症します。しかし、最近は新鮮な魚介類を食べた時に「食あたり」を起こす人が増えています。

 

それではなぜ、新鮮な魚介類で、自分だけが「食あたり」を起こすのでしょうか?

 

 食事とは異物を食している
人が食べる食材(肉や魚、野菜など)は全て、自分にとっては「異物」です。つまり食べるいう行為は「異物を食べている」ことです

 

つまり食事とは、異物(肉や魚、野菜など)を消化というシステムで「同化(自分化)」させているのです。

 

そのことから私は、「消化」という言葉を「自分化」していると表しています。

 

 新鮮な牡蠣(カキ)で「食あたり」する
「消化」とは「自分化」しているということが理解できると、 新鮮なカキで「自分だけが食あたり」する理由が理解できるかと思います。

 

上述したように、産地直送の新鮮な「殻付きのカキ」ほどエネルギー値が高い、つまり、元気であるといえます。

 

世間では、海洋汚染で牡蠣(カキ)の「質」が落ちたとか、殻に雑菌が付着していることが「食あたり」の原因と言われています。

 

しかし真実は、新鮮な牡蠣(カキ)を自分化できない「その人、自身」の弱りが原因なのです。

 

つまり、新鮮な牡蠣(カキ)はエネルギー値が高いことで、体内にそれが入ってくると体内の均衡を崩されると感じ、牡蠣(カキ)を取り込むことを拒否しているのです。

 

「自分力が低下」している状態では、エネルギー値の高い新鮮な牡蠣(カキ)を、消化(自分化)できないと本能的に判断します。

 

そのことで、エネルギー値の高い新鮮な牡蠣(カキ)を体内に入れまいと、おう吐したり下痢したりします。

 

 加熱した牡蠣(カキ)では食あたりしない理由
牡蠣(カキ)そのものにアレルギー反応を起こすのなら、加熱した牡蠣(カキ)でも「食あたり」を発症するはずです。しかし不思議にも、フライにしたり鍋で炊いた牡蠣(カキ)を食べても食あたりする人は少ないです。

 

なぜなら、加熱することで牡蠣(カキ)のエネルギー値が低下し、牡蠣(カキ)が弱ることで消化(自分化)しやすくなるからです。

 

上記したことから考えると、牡蠣(カキ)自体にアレルギー反応を持っているのではなく、鮮度が高くエネルギー値の高い状態の牡蠣(カキ)のみに反応していることが分かります。

 

 新鮮な蟹(カニ)を食べると唇が腫れる
新鮮な牡蠣(カキ)に食あたりする人が増えると同様に、カニやエビなどの「甲殻類」でアレルギーを発症する人も増えています。

 

関西では冬になると、日本海地方にカニを食べにいきます。鮮度の高い生のカニは、最高に美味しいですが、新鮮なカニを食べると唇や口のまわりが腫れるという症状が出ます。

 

いわゆる、甲殻類アレルギーです。この甲殻類アレルギーですが、新鮮なカニで発症することが多く、回転ずしのカニや加熱したカニを食べても発症することは少ないのです

 

上述した新鮮な牡蠣(カキ)に食あたりするのと同じメカニズムが、新鮮な甲殻類でも起こるということです。

 

つまり、体調不良(自分力が低下)の人は、鮮度の高いカニやエビなどが体内に入ってくることを恐れ、それらの食材を体内に入れまいと拒否(アレルギー)反応をします。

 

そのことで唇が腫れたり口周りの皮膚が赤く腫れたりします。時には、下痢やおう吐してしまう人もいます。

 

不思議なことに「甲殻類アレルギー」も牡蠣(カキ)同様、新鮮な食材を食べたときほど症状がでます。その背景には自分力が低下し「エネルギー値の高い食材を自分化できない」ことがあります。

 

その他にも、タケノコや山菜などの旬の野草でもアレルギー反応を起こす人が増えています。春先の野草は「エネルギー値が高い」ことで牡蠣(カキ)やカニ同様な症状がでます。

 

 「消化力」とは「自分化する力」である
自分化(消化)しにくい食材とは、相手(異物)が「元気で生き生き」している、すなわち、エネルギー値の高い食材ということです。

 

自分化(消化)する「力」が弱い人は、食材を自分化できないことで多種の食材で「食あたり」し、アレルギー反応が出ることはお伝えしました。

 

そのような症状がでると、消化しにくい食材を「私には合わないと毛嫌い」するようになります。しかし、人が食べれて自分だけが食あたりすることを、食材のせいにしないでください。

 

つまり、食あたりを起こした食材が悪いのではなく、自分力が低下しているのです。

 

ここで、1つ付け加える注意点があります。

 

お粥やパン粥などは自分化しやすい食材の代表です。

 

重病を発症している人は、自分化しやすい食材を選らばざるをえませんが、自分化しやすい食材ばかりを選ぶことは注意が必要です。

 

なぜなら、自分化しやすい食材は、食べやすい変わりに栄養価が低いということです。

 

自分の身体の弱さを改革せず、自分化しやすい食材ばかりを食べていると、更に元気のない人になっていきます。

 

そのような人を「病気ではないが、元気ではない人」と私は表現しています。

 

真の健康体になるためには、自分力を向上させ消化力(自分化)を向上させていくことが大事であることを認識してください。

 

 

川本療法の神髄を伝授:無料メルマガ登録




セミナーの開催


新鮮な牡蠣で「食あたり」する理由


新鮮な牡蠣で「食あたり」する理由

新鮮な牡蠣で「食あたり」する理由 関連ページ

痩せている人が太れない理由:胃との関係
痩せてる人が太れない理由:膵臓との関係
痩せてる人が太れない理由:胆汁とコレステロールの関係
痩せ型タイプが脂肪肝になる理由
痩せてる人が太れない理由:甲状腺ホルモンの関係
痩せてる人が太れない理由:血管と血球との関係
貧血の原因は鉄分不足だけではなく、腎臓も関与している
痩せてる人が太れない理由:酵素との関係
痩せてる人が太れない理由:性格との関係
痩せてる人が低血糖になる理由:肝臓とグリコーゲンの関係
痩せ型タイプと軽度うつ症状の関係
アルブミンとの関係
痩せ型タイプと植物繊維性便秘の関係
痩せ型タイプの食事思想を変える
「胃もたれ」や「胸やけ」を感じない人は短命の危険性がある
夏太りするタイプは大病を患う
傷んだ箇所を治す為の物質が、症状を悪化させる
血液検査が正常でも体調がおもわしくない理由:甲状腺編
変形関節の原因を探る:外反母趾と女性ホルモンの関係
眼科にいっても「疲れ目」や「目の違和感」が治らない理由
腸内細菌のバランスが崩れる本当の理由
糖尿病で腎臓が侵される:腎臓にとって悪いのは塩か?
うたた寝したら、なぜ風邪を引くのか
タバコを止めると、口内炎や頭痛が発症する理由
体老人ホームの入居者は、花粉症になる人は少ないが肺炎患者は多い
利尿剤を飲むと、なぜ痛風は悪化するのか
幼児側彎症は、外科や整体では治らない
38歳、独身女性「プチ鬱(うつ)」の発症メカニズム
蜂に刺されても1回目は腫れない理由
「11月病」って、知っていますか?
糖尿病でなくても糖は控える
脂肪肝になるのは、脂肪の摂取が原因ではない
過敏性大腸炎と潰瘍性大腸炎の違い
脱毛と円形性脱毛との違い
腸よりも、胃や膵臓や胆のうの働きが重要
幼児側彎症は、整体やカイロプラクティックでは治らない
沖縄の男性の病気の発症理由
薬で症状を抑えると他の病気になる
環境汚染や食品添加物により病気が発症する
呼吸が浅いと病気になる

HOME プロフィール 川本療法の特徴 料金・診察時間 セミナー開催 お問い合わせ