利尿剤を飲むと、なぜ痛風は悪化するのか

 現代病の1つに高尿酸血症がある
一般的に尿酸値が高い理由は、「贅沢な食べ物を食べるから」といわれています。そのように言われている理由は、プリン体にあります。

 

プリン体は、煮干し・鰹節・レバー類に多く含まれまれています。そのプリン体が代謝される際に、尿酸が発生することで高尿酸血症になります。そのことから、上述したように痛風の発症理由は贅沢な食材を食べたからだと言われます。

 

しかし、そのことは俗説です。なぜなら、食べ物が保有するプリン体の量よりも、多くのプリン体を保有している場所があります。それは細胞です。

 

人の体は60兆個もの細胞からできており、その細胞の中心部分に核があります。その核の重要な成分である核酸こそが、プリン体の元になっている物質です。

 

人が生きていく上で細胞は新陳代謝を繰り返しおこないます。その際に古い細胞が壊れる時にプリン体ができます。また、このプリン体が代謝され尿酸ができます。

 

したがって、プリン体を多く含む食べ物が原因で尿酸値が上がる割合は低くく、実際は細胞が新陳代謝する際に造られる尿酸の方が遥かに多いのです。

 

競争の激しい現代に生きる人は、仕事で脳を多く使ったり、ストレス発散のためにマラソンなどの激しい運動をしたりします。そのために、細胞の新陳代謝速度は速くなります。そのことで多くのプリン体ができ、それらが代謝されて尿酸が多くできることで痛風が発症します。

 

そのことから、現代人に高尿酸血症が増えている理由が理解できたと思います。

 

 尿酸は尿から排出される
体内で増えた尿酸を体外に出せないと、尿酸が関節に溜まり痛風を発症します。痛風になると関節が腫れ、その痛みで歩行することは困難になります。

 

体内で増えすぎた尿酸を排出する方法の1つに、「排尿」があります。大量の水を飲み尿の回数を強制的に増やします。私も患者さんに対し、夜間は目覚まし時計を2時間ごとに鳴るようにをセットしてもらい、排尿回数を増やしてもらいます。

 

そのようにして、排尿回数を増やす理由は、尿酸は汗や便からは排出することができないからです。ようするに、尿酸は尿からしか体外に排出できないのです。

 

 利尿剤を使うと尿酸は体外に出るのではないか
医薬品に利尿剤があります。尿酸は尿から排出されるのなら、利尿剤を服用することで効率よく尿酸を排出されるはずです。そうなると、尿酸値が下がるはずです。しかし、実際は利尿剤を服用したことで、尿酸値は上がり痛風が発症しやすくなります。

 

それでは、「なぜ、利尿効果のある薬を飲めば、尿酸値が上昇し痛風が発症するのでしょうか?」

 

そのようになる理由は、私なりに考えがあります。その考えは、利尿剤はあくまで体内の「水」を強制的に出す薬です。確かに尿量は増えますが、その尿として排出される内容に問題があると思います。

 

ようするに、利尿剤は体内の水を尿として排出していますが、本来、体外に排出しなければならない物質は水ではなく体内毒素です。その毒素とは、痛風の場合尿酸です。

 

この状況は、コップに泥水をいれた状態で説明すると分かりやすいです。コップの汚泥は時間が経つにつれ、コップの底に溜まります。また、コップの上層部には透明な水が確認できます。

 

利尿剤の作用は、コップの上層部の「水」だけを体外に出しているのです。したがって、コップの底の汚泥(尿酸)は残ってしまいます。水分が少なくなるということは汚泥(尿酸)の密度は上がります。

 

そのことから、利尿剤を服用すると尿値が上昇することがご理解して頂けると思います。

 

ようするに、利尿剤では全ての毒素(尿酸)を排出することはできないのです。

 

 利尿剤で出す尿と、腎臓が濾し出す尿では内容が異なる 
薬の作用は万能のように思えます。しかし、利尿剤を服用すると尿酸値が上がることをみても分かるように、尿が出ていても毒素が出ていないのです。それとは逆に、人の腎臓は体内に余った水や不必要な物質を尿として出すことができます。

 

ようするに、腎臓が濾しだす尿の中には、体にとって不必要な毒素を体外に出している点が、利尿剤と大きく異なる点です。

 

例えば、高血圧の原因の1つに、血管内の血液(血液の90%は水)量が増えることで、血管とその中を流れる血液の抵抗が高まり、高血圧になります。

 

したがって、利尿剤の作用により、増えた血管内の水(血液)を排出することで、血管と血液の抵抗を抑え血圧を下げます。利尿剤は、血圧を下げるための水を体外に捨てるという作用はしています。しかし、体内の毒素(尿酸)は捨てることができないために、痛風を発症してしまいます。

 

そのことから、高血圧で尿酸値が高い人は利尿剤は使えません。

 

そのように、西洋薬や漢方薬には、症状を止める効果があります。しかしその反面、副作用もあります。したがって、症状を止めることだけに注目せずに、なぜそのような症状がでるかを考えるべきではないでしょうか。

川本療法の神髄を伝授:無料メルマガ登録




セミナーの開催


利尿剤を飲むと、なぜ痛風は悪化するのか


利尿剤を飲むと、なぜ痛風は悪化するのか

利尿剤を飲むと、なぜ痛風は悪化するのか 関連ページ

痩せている人が太れない理由:胃との関係
痩せてる人が太れない理由:膵臓との関係
痩せてる人が太れない理由:胆汁とコレステロールの関係
痩せ型タイプが脂肪肝になる理由
痩せてる人が太れない理由:甲状腺ホルモンの関係
痩せてる人が太れない理由:血管と血球との関係
貧血の原因は鉄分不足だけではなく、腎臓も関与している
痩せてる人が太れない理由:酵素との関係
痩せてる人が太れない理由:性格との関係
痩せてる人が低血糖になる理由:肝臓とグリコーゲンの関係
痩せ型タイプと軽度うつ症状の関係
アルブミンとの関係
痩せ型タイプと植物繊維性便秘の関係
痩せ型タイプの食事思想を変える
「胃もたれ」や「胸やけ」を感じない人は短命の危険性がある
夏太りするタイプは大病を患う
傷んだ箇所を治す為の物質が、症状を悪化させる
血液検査が正常でも体調がおもわしくない理由:甲状腺編
変形関節の原因を探る:外反母趾と女性ホルモンの関係
眼科にいっても「疲れ目」や「目の違和感」が治らない理由
腸内細菌のバランスが崩れる本当の理由
糖尿病で腎臓が侵される:腎臓にとって悪いのは塩か?
うたた寝したら、なぜ風邪を引くのか
タバコを止めると、口内炎や頭痛が発症する理由
体老人ホームの入居者は、花粉症になる人は少ないが肺炎患者は多い
幼児側彎症は、外科や整体では治らない
38歳、独身女性「プチ鬱(うつ)」の発症メカニズム
蜂に刺されても1回目は腫れない理由
新鮮な牡蠣で「食あたり」する理由
「11月病」って、知っていますか?
糖尿病でなくても糖は控える
脂肪肝になるのは、脂肪の摂取が原因ではない
過敏性大腸炎と潰瘍性大腸炎の違い
脱毛と円形性脱毛との違い
腸よりも、胃や膵臓や胆のうの働きが重要
幼児側彎症は、整体やカイロプラクティックでは治らない
沖縄の男性の病気の発症理由
薬で症状を抑えると他の病気になる
環境汚染や食品添加物により病気が発症する
呼吸が浅いと病気になる

HOME プロフィール 川本療法の特徴 料金・診察時間 セミナー開催 お問い合わせ