すぐお腹がすく人、すかない人の違いを紐解く

 体型から考える
頻繁に食事を取らないと空腹感で耐えれない人がいます。またそれとは逆に、朝食や昼食を食べなくても大丈夫な人がいます。果たして何が違うのでしょうか?

 

ここで、私の治療経験からくる仮説をもとに、その不思議を紐解いていきます。まず人の体を大きく2つの体型で分け、その特徴をまとめます。

 

 @頻繁に食べないと体力が持たないタイプの体型は「痩せ型

 

 A朝・昼の食事を食べなくても大丈夫な体型は「太れる型

 

上記のように分けますが、現在はダイエットをして痩せているが本来は太るタイプの方は「太れる型」に属します。

 

 痩せ型タイプの祖先は「早期定住型」、太れる型タイプの祖先は「不定住型」
ここでは痩せ型タイプと太れる型タイプが、どのような場所に住みどのような食事をしてきたかという仮説をたててみます。

 

痩せ型タイプの祖先は早期に定住し、太れる型タイプの祖先は不定住だったのではないかと私は考えています。そのことについて下記にまとめてみます。

 

 @早期定住型とは:
「痩せ型で、すぐお腹がすくタイプ」は、一度に多くの量を食べることができません。また、食べた物を消化する力が足りません。

 

したがって、食べ物から得れるエネルギー量が少ないです。また、遺伝的に皮下に脂肪を貯めておく貯蔵庫の容積が少ないので、エネルギーの貯蓄も多くはできません。

 

このために痩せ型タイプはの祖先は、小川や河口付近の食べ物が多い場所を選び、食べ物がなくなるまで定住する方法で生活したと考えられます。

 

その理由は、食物を頻繁に食べないとエネルギーが枯渇してしまい、遠方まで獲物を探しにいく体力がないからです。

 

本来、人は空腹になると体内に「貯蓄」してある脂肪を分解してエネルギーを造る能力があります。

 

しかし、皮下に「脂肪という貯金」を貯めれない痩せ型タイプは、小魚やエビや木の実などを頻繁に食べることでエネルギーを造り、飢えをしのでいたと想像されます。

 

皮下に脂肪という貯金を貯めれないことで、毎回の食事からエネルギーをつくり、そのエネルギーが無くなるとまた食べるという方法を選択せざるえませんでした。

 

そのことは遺伝子が大きく影響しています。また、痩せ型タイプは空腹感に対応するために、食事を頻繁にとるという習慣が身についてしまったと考えられます。

 

 A不定住型とは:
「太れるタイプで、長時間の空腹でも大丈夫なタイプ」は、一度の食事で多くの量を食べることができます。

 

また、食べた物を理想的な状態まで「消化する力」があります。したがって、食べ物から得られるエネルギー量は多く獲得できます。

 

また、太れる型タイプは余った栄養を皮下に脂肪として貯めておく貯蔵庫の容積が遺伝的に大きいのです。

 

したがって長い間、食事を食べれない時でも、皮下に貯めてある脂肪を分解することによりエネルギーを得ることができます。

 

そのことから考えると太れる型タイプは、一定の場所に定住せずに、遠方にまで大物の獲物を射止めるために移動することができたと推測します。

 

遠方にまで大物の獲物を探す際は、いつ食事にありつけるかの保障はありません。しかし、このような行動ができた理由は、上記した食事から得た栄養を皮下脂肪に貯めておけるからです。

 

上述したように、痩せ型と太れる型を遺伝子レベルで考えたなら、食事から獲得した栄養素を脂肪として体内に貯めておくことができるか、できないかの違いがあります。

 

 消化器の機能から考える
すぐお腹がすく痩せ型タイプ、または長時間、食事をしなくても耐えれる太れる型タイプの違いを、先ほどは「皮下脂肪の違い」と述べました。ここでは、内臓の違いから2つのタイプを紐解いていきます。

 

 @痩せ型タイプの内臓:
痩せ型は、遺伝的に胃・胆のう・膵臓から分泌される消化酵素が弱い傾向にあります。したがって、食べた物を消化する力が弱く体内に吸収される栄養素の量が少ないです。

 

また痩せ型は、肝臓機能の働きの1つである、食事から摂取した糖をグリコーゲンという形に変えて貯めておく能力が低いです。

 

また空腹時には、肝臓の働きでグリコーゲンから再度、糖を作りエネルギーに利用します。しかし痩せ型は、その能力が弱いために空腹時にグリコーゲンから糖を生産する能力が低いことで低血糖状態になります。

 

他にもエネルギー不足になる原因があります。それは、食物を体内でエネルギーとして使うときに酸素の獲得が上手くいかない点です。

 

ようするに痩せ型タイプは、性格的に完璧主義で妥協しないタイプが多いです。そのことで常に緊張状態が続き、大きく息を吸ったり、吐いたりすることができにくい傾向にあります。

 

したがって、食事から獲得した栄養素を燃焼させるための酸素が少ないことで、エネルギーを効果的に獲得する能力が低くなります。

 

 A太れる型タイプの内臓:
太れる型は、遺伝的に胃・胆のう・膵臓が強く、食べた食事量に合わせて消化酵素を分泌することができます。その消化酵素の作用で、食べた物を分解し多くの栄養素を体内に吸収することができます。

 

また、吸収した栄養素のうち使わずに余ったものは皮下脂肪に貯めておきます。そして空腹時にそれらを利用する能力に長けていることで、空腹時に極度の疲労感を感じる人は少ないです。

 

また太れる型タイプは、肝臓機能の働きの1つである「糖をグリコーゲンに変換して、肝臓や筋肉に貯蔵しておく能力が高い」です。

 

したがって空腹時でも、体内に貯めてあるグリコーゲンを糖に変換することができるので空腹感を強く感じ、低血糖になることもありません。

 

他にも痩せ型とは違い呼吸器系が強い傾向にあり、深く大きな呼吸ができるのが特徴です。世間を見ても、オペラ歌手など声量が大きい人は太ってる人が多いです。

 

太れるタイプは呼吸により得た酸素を使い、食事から獲得した食物を燃焼させることで多くのエネルギーを獲得できます。

 

 痩せ型タイプと太れる型タイプは根本が違う
消化力の弱い痩せ型タイプは、「食べないといけない」、「食べないと強くなれない」と思っている人が多くいます。

 

しかし実際は、食べ過ぎることでさらに内臓は疲弊し消化不良になります。

 

一方、太れるタイプは強い空腹感を感じることが少ないので朝食を抜いたり、仕事で忙しい時には昼食を抜いたりします。そのことで消化器は休息することができます。

 

ようするに痩せ型と太れる型タイプは体の構造が根本的に違うのです。したがって、痩せ型タイプは太れるタイプに憧れをもちますが、食べ方などを真似たからといって太ることはできません。

 

しかし太れるタイプにも欠点があります。それは、内臓が強いことで食べ過ぎたり飲み過ぎたりします。そのことで内臓に負担がかかり若くして病気になることがあります。

 

人の体の構造を簡単に分類することはできませんが、私の長い治療経験から「痩せ型と太る型」に分けて述べてきました。自分はどちらのタイプに該当するかを考え食事法などに役立てて頂ければと思います。

川本療法の神髄を伝授:無料メルマガ登録




セミナーの開催


すぐお腹がすく人、すかない人の違いを紐解く


すぐお腹がすく人、すかない人の違いを紐解く


HOME プロフィール 川本療法の特徴 料金・診察時間 治療家向けセミナー お問い合わせ