究極は「食べなくても元気でいれる」ことである

 人間が誕生してから、ずっと空腹との戦いだった

 甲田療法やローフードでは現代社会に対応できない
新生児が母乳だけを飲んで生きていけるのは、母乳に含まれる栄養素から脂肪エネルギーを生産しているからです。

 

例えば母乳に含まれるオリゴ糖は、腸内に生息するビフィズス菌のエサになります。ビフィズス菌はオリゴ糖をエサに短鎖脂肪酸(酢酸・酪酸など)を作り、新生児はそのエネルギーで成長していきます。

 

離乳食が始まると腸内細菌の種類に変化が出る
新生児が母乳だけを飲んで生きていけるのは、母乳に含まれる栄養素から脂肪エネルギーを生産しているからです。

 

例えば母乳に含まれるオリゴ糖は、腸内に生息するビフィズス菌のエサになります。ビフィズス菌はオリゴ糖をエサに短鎖脂肪酸(酢酸・酪酸など)を作り、新生児はそのエネルギーで成長していきます。

 

母乳だけを飲んでいる場合の新生児の腸内細菌はビフィズス菌が大部分を占めます。そのことで上記した短鎖脂肪酸を作ることができます。

 

しかし離乳食が始まると、腸内細菌はビフィズス菌優位から変化し多種の腸内細菌群が混在するようになります。多種な腸内細菌群は、離乳食から得る栄養素エネルギーを作ったり、不必要な物を排出したりします。

 

母乳だけの時期の腸内細菌はビフィズス菌が優位であり、ビフィズス菌が短鎖脂肪酸(酢酸・酪酸)を作るシステムであるということはお伝えしました。

 

しかし、離乳食が始まるとビフィズス菌が減ります。そうなると母乳

川本療法の神髄を伝授:無料メルマガ登録




セミナーの開催


究極は「食べなくても元気でいれる」ことである


究極は「食べなくても元気でいれる」ことである


HOME プロフィール 川本療法の特徴 料金・診察時間 セミナー開催 お問い合わせ