生命力(自分力)が低下すると病気になる

 生命力とは何なのか
元気な人をみると「あの人は生命力がある」という表現をします。一方、長期間病気を患い元気がない人に対しては「生命力が落ちた」と表現します。

 

このように、一般的に良く使われる「生命力」という言葉ですが、冷静に考えてみると「生命力」とはいったい「どのような力」なのでしょうか。

 

「生命力」とは何なのか? と尋ねると以下のような答えが返ってくる場合が多いです。

 

 @生きていく力

 

 A元気で生活していく力

 

 B病気を治してくれる力

 

 C食べれる・眠れること

 

質問に対しての答えは上記したような返答が多いのですが、それらの答えは生命力という「文字」から得たインスピレーションを元に答えを導いているに過ぎません。

 

例えば、胃潰瘍や心臓病を患った場合は病気になったと表現します。そこで「なぜ病気になったのか」と問うと、「精神的ストレス」「無理をした」などの答えが返ってきます。

 

つまり、精神的ストレスや無理をしたことで生命力(自分力)が低下し病気になるのです。

 

人や動物が病気になると病院にいき、症状を抑えてもらいます。その仕事をしているのが医師ですが、ここで考えてほしいことがあります。

 

上記したように、病気が発症する原因に生命力(自分力)の低下があることはお伝えしました。そのことから考えると、最善の治療法は生命力(自分力)を高めることではないでしょうか。

 

体の部分を治療してくれる医師は多くいます。しかし、生命力(自分力)を高めるための提案をしてくれる医師はいません。このことに不思議さを感じてください。

 

 生命力(自分力)を高める方法に医療が介在していない
病気になるのは生命力(自分力)が低下したことが原因であることはお伝えしました。そこで、生命力(自分力)を高める方法を模索していくと下記のようなことが思い浮かびます。

 

 @滝にうたれる修行など精神修養をする

 

 A宗教法人に入会し、精神修養をする

 

 Bお百度参りや般若心経を書きうつしたりする

 

 C過食を避け、少食療法をする

 

 D仕事のペースを落とし生きがいを見つける

 

 Eヨガや太極拳などを始める

 

 Eマラソンやトライアスロンなどを始める

 

上記したようなことで生命力(自分力)を高めようとする人が多くいます。これらの行為で共通していることは、「D」をのぞけば「一定の期間、自分に厳しいことを課す」ということです。

 

正解かどうかは分かりませんが、人の思考の1つに、自身が弱った際には「厳しいことを課すことで生命力(自分力)が向上する」という考えがあります。

 

上記したように、生命力(自分力)を高めれるのではないかと思われている方法に、医療行為が入っていないことを認識してください。

 

また、生命力(自分力)を高めれるのではないかと思われている医療分野では、気功・鍼灸・指圧などの民間療法があります。しかし、そこに高度医療は含まれません。

 

生命力(自分力)が低下すると、病気になることは皆さん理解しています。しかし、生命力(自分力)を高める方法が雲を掴むような方法しかないことが問題なのです。

 

なぜそのような思考になるのかというと、「生命力(自分力)とはどのような力」なのかが分からないからです。

 

 生命力(自分力)とは遺伝で決まっているのか
体は遺伝情報により構築されていると言われています。例えばケガをして皮膚が傷ついても、一定期間が経てば皮膚は概ね元の状態に戻ります。このように細胞が修復されるのは、RNAが遺伝情報を出し、その情報にしたがってDNAが細胞を修復しているからです。

 

しかし、人は成長過程で病気を患います。例えば、何かの原因で後天的に病気を患ったなら、本来は遺伝情報を元に病気(細胞)を修復してくれるはずです。

 

しかし、長年病気が治らないで困っている人が多くいます。このような場合、遺伝子の働きはどのようになっているのかと悩んでしまいます。

 

長期間病気を患っていると、遺伝子の働きも低下するのではないかと考え勉強している時にある人との出会いがありました。そして生命力(自分力)と遺伝子はイコールではないことや遺伝子が正常に働けない理由などが紐解けました。

 

そのことは、「生命力(自分力)正体を理解する」のページで述べています。

川本療法の神髄を伝授:無料メルマガ登録




セミナーの開催


生命力(自分力)が低下すると病気になる


生命力(自分力)が低下すると病気になる


HOME プロフィール 川本療法の特徴 料金・診察時間 セミナー開催 お問い合わせ