副腎疲労症候群への対応:甘味料について

 副腎が疲労すると甘い物が欲しくなる
現代に生きる人は多くのストレスを感じています。人がストレスを感じた際に、脳は副腎に対し、ストレスに対応するためのホルモンを造るように命令を出します。

 

度重なる脳からの命令で副腎は疲弊してしまいます。副腎が疲弊すると脳に必要なホルモンが運ばれないことで、脳は不安定になります。

 

その状況をてっとり速く解決するできるのが糖質の摂取です。ここで、つい手が伸びてしまうパンやお菓子を作る際に添加される甘味料についてまとめます。

 

 糖質ゼロの甘味料のメカニズム
糖質ゼロ」という言葉を最近よく耳にします。この糖質ゼロのジュースやお菓子を食べた時に、しっかり甘みを感じます。甘みを感じるのになぜ、糖質がゼロななのか? という疑問を感じる人は多いです。

 

ここで糖質ゼロの甘味料の吸収について説明する前に、一般的な糖質が体内でどのように吸収されるかをまとめます。

 

 @口から摂取した糖質は、消化・分解された後、単糖(糖分子が、1つ1つの単体に分解される)となり小腸から吸収される

 

 A小腸から吸収された糖質は、血液中に入り血糖値が上昇する

 

 B血糖値の上昇を察知した脳は、すい臓に対しインスリンホルモンの合成を促す

 

上記したことが、いわゆる砂糖やブドウ糖液糖などを摂取した際に起こる体の反応です。

 

次に、糖質ゼロ甘味料の場合は、どのように吸収されていくのかをまとめます。

 

 @糖質ゼロの甘味料は消化された際でも、糖質同士が結びつきが強い(単糖にならない)。

 

 A「@」の甘味料は糖分子の連鎖を強くするために、アルコール発酵などの技術を用いている

 

 B糖分子同士の連結が強い、糖質ゼロの甘味料は小腸から吸収されにくい

 

 C小腸から吸収されない甘味料は血液中に入らないために、血糖値が上昇しない

 

 D「C」の結果、血糖値の上昇がないためにすい臓からのインスリンホルモンの分泌は起こらない

 

ようするに糖質ゼロの甘味料は、小腸から吸収されないように作られた甘味料はです。したがって、食べた際には甘みを感じますが血糖値は上昇しにくいです。

 

吸収されなかった甘味料は、大腸に達し一部は大腸から吸収されますが、大部分は便と一緒に排出されます。

 

皆様もよく知っているキシリトールも小腸から吸収されにくい甘味料はです。一度、キシリトールを使用したガムのパッケージをみて頂くと、「食べ過ぎた場合は便がゆるくなることがあります」と書かれています。その理由は上記したように、小腸から吸収されずに大腸に達したキシリトールを、大腸は招かざる客と判断し速く体外に捨てようとする反応から軟便傾向になります。

 

甘味料の種類について
甘味料には多くの種類があります。ここで副腎疲労を患っている場合はどのような甘味料を選ぶべきかをまとめます。

 

 @ブドウ糖液糖やグラニュー糖を使った加工品は血糖値が急上昇するために極力食べない

 

 A黒糖や三温糖や蜂蜜はミネラル類は多いが糖質も高いので血糖値は急上昇する

 

 B血糖値を上昇させないエリスリトールやマルチトールなど天然の糖アルコール発酵により作られたものを選ぶ

 

 C血糖値を上昇させない甘味料でもアセチルファムカリウムやスクラロースなどの人工的に作られた甘味料は避ける

 

 Dメイプルシロップの代わりに「アガベ」というサボテン科の植物の樹液を使う(血糖値が上昇しにくい)

 

上記したうち「B〜D」の甘味料は、血糖値が急激に上昇しないものです。このような働きのある甘味料を使うことで、低血糖を防ぐ事ができ副腎への負担が軽減できます。

 

しかし、「ゼロ・コーラ」や「糖質ゼロのビール」などにはアセスルファムカリウムなどのど天然素材ではなく化学合成のされた甘味料が使われています。

 

アメリカのFDA(米国の薬務局)では、500CCの化学合成の糖質ゼロ甘味料飲料を1日で4本(2リットル)飲むと腎臓病を発症する危険があると伝えています。

 

糖質ゼロのビールを毎日飲む方は、糖質ばかりに目をむけるのではなく、化学合成された糖質ゼロ甘味料の欠点もあることを認識してください。

 

 低血糖時には副腎ホルモンが分泌される
人が空腹時に糖質を摂取した際には、血糖値が急上昇します。その際に、すい臓からは血糖を正常に戻すためにインスリンホルモンが分泌されます。

 

急上昇した血糖が、インスリンホルモンの作用により、今度は急降下します。この急上昇から急降下する時の「落差」が生じるときに、手が痺れたり思考力が低下したりする低血糖の症状がでます。

 

そのような状況は、体にとっては危機的な状態なので血糖値を正常な状態に戻そうとします。その働きを担うのが副腎で造られるホルモンです。

 

したがって血糖値を急上昇させる糖質を食べるたびに、インスリンホルモンの作用で低血糖状態になります。その度に副腎は、低血糖の状態を回避するためにホルモンを分泌します。

 

日本人の思想には、主食は炭水化物ということが根づいていることで、3回の食事に炭水化物を摂取します。また間食にも甘い物を摂る習慣があります。

 

そのことで1日に5〜6回、高血糖状態になり、そのつどインスリンホルモンが出て低血糖の状態になります。また、低血糖を回避するために副腎でホルモンが合成されます。

 

副腎は本来、ストレスに対応するためのホルモンです。現代に生きる人はストレスが多いので、ストレスに対応するだけで副腎は疲弊します。

 

また、ストレス時には糖質を多く摂取することで副腎で造られるホルモンが必要になり副腎は、さらに疲弊します。

 

血糖値を急上昇する甘味料を摂取することは、すい臓を疲弊させるだけではなく、低血糖を回避するための副腎が造るホルモンが必要となります。したがって、過剰な糖質が副腎を疲弊させることをご理解下さい。

川本療法の神髄を伝授:無料メルマガ登録




セミナーの開催


副腎疲労症候群への対応:甘味料について


副腎疲労症候群への対応:甘味料について


HOME プロフィール 川本療法の特徴 料金・診察時間 セミナー開催 お問い合わせ