炎症時に上昇するCRPとは、何を調べているのか

 病気とは、「患部の細胞を復元できないこと」である
骨が折れた場合、一般的には「骨が傷んだ」と解釈します。しかし、実際は骨を構成している細胞が傷んだということです。また、胃潰瘍になった場合、「胃の壁が傷んだ」と思いますが、実際は胃の壁を構成している細胞が傷んだということです。

 

人の体は60兆個の細胞から構成されているといわれています。ようするに、病気とは「病気になっている患部の細胞が傷み、その細胞を復元できていない状態」といえます。

 

体内の60兆個の細胞のうち、毎日3000億個が壊れ、新たに造りかえられています。また、1日に100万個ほどの細胞がガン細胞になっていきます。

 

そのことから考えれば、人は病気やガンに侵され生存できないはずです。しかし実際は、多くの人が健康で生活しています。なぜなら、人の体には傷ついた細胞を復元する能力が備わっているからです。

 

 血液検査で見る、CRP(炎症反応)とは何を指すのか
血液検査に「CRP(炎症反応)」を調べる項目があります。このCRP(炎症反応)を測ることで、体の内で炎症がおこっているかどうかを知ることができます。

 

では、このCRP(炎症反応)とはどのような物質なのでしょうか?

 

CRPとは、C-リアクティブ・プロテインの略で、炎症や組織細胞の破壊が起こると血清中に増加するタンパク質(アミノ酸)のことです。

 

このように聞くと、このタンパク質が炎症を引き起こすようなイメージをもってしまいますが、本質は全く逆の働きをします。

 

ようするに、体で異常が起こったときに、患部に集まりその部分を修復する役割がタンパク質(アミノ酸)にあるということです。その集まったタンパク質(CRP)の量を血液検査で調べることにより、体内で起こっている炎症の重症度を調べることができます。

 

下記のような病気を患った際に、血液中のCRP(炎症反応)は高くなります

 

 ・ウイルス性感染症

 

 ・細菌性感染症

 

 ・悪性腫瘍

 

 ・心筋梗塞

 

 ・膠原病

 

大きく分類すると上記した疾患ですが、これ以外でも持病によってCRP(炎症反応)の値が増える場合があります。また、細胞組織の損傷や壊死を引き起こす外傷、熱傷などを負っている場合でもCRP(炎症反応)の値が上昇することがあります。

 

 アミノ酸は健康維持には必須である
一般的にミノ酸については、「うまみ成分」や、筋肉や内臓など「体を構成する部材」としての認識を多くの人がもっています。しかし、アミノ酸の働きはそれだけではありません。ここでアミノ酸についてまとめていきます。

 

 @アミノ酸は体の重要な組織の材料である:
人のカラダは60〜70%が水分で、20%がたんぱく質(アミノ酸)でできています。つまり、体重50kgの人なら約10kgがたんぱく質(アミノ酸)です。

 

タンパク質(アミノ酸)は、体の筋肉や内臓、または血管や血液中のヘモグロビンのほか、髪の毛や皮膚のコラーゲンなどカラダの重要な組織の材料です。

 

 Aアミノ酸は神経命令の正常化に不可欠である:
アミノ酸は上記したような、体の構成成分だけではありません。神経機能の調節に重要な働きをするアドレナリンやノルアドレナリン、または脳神経の働きには欠かせないセロトニンやトリプトファンなどもアミノ酸からつくられています。また、ビタミンのB3であるナイアシンもアミノ酸からできています。

 

このように、脳の命令系が精敏かつ安定して働くためにはアミノ酸が不可欠です。

 

 Bある種のアミノ酸が低下すると免疫の働きが乱れる:
人の免疫力は、たび重なる病気や過剰なストレスがかかったりすると低下するといわれています。そのような状態に陥った際でも、アミノ酸が体内で合成されていれば免疫力を安定させることができます。

 

例えば、アルギニンやグルタミンは白血球に属す「マクロファージ」などの免疫機能を向上させる働きがあります。また、シスチンとテアニンは免疫機能を活性化させる働きがあります。

 

 C医療分野をみればアミノ酸が重要なことが分かる:
医療分野では多くのアミノ酸が使われています。例えば高カロリー輸液には生命維持に必要な五大栄養素(たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル)を混合しますが、ここでいうタンパク質とはアミノ酸のことであり、高カロリー輸液の中心的存在です。

 

また、肝不全の患者さんへの治療にはアミノ酸点滴が使用されます。その際に使用する点滴ではBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)と、芳香族アミノ酸(フェニルアラニン、チロシン、トリプトファン)の組成を調節して使用することで、肝不全の治療に十分な効果をもたらしています。

 

D皮膚の潤いにもアミノ酸が関係する:
皮膚の乾燥に悩まされている人は多くいます。この乾燥の原因の1つに、皮膚細胞内にあるアミノ酸が関係しています。皮膚の水分を正常に保つために、皮膚細胞の中には「保湿を保つ因子」があります。この働きをコントロールしているのはアミノ酸です。

 

また、肌にハリをもたせる成分のコラーゲンも、数種類のアミノ酸からできています。ようするに、肌の乾燥やくすみなどによるトラブルの多くはアミノ酸不足と大きく関係があります。したがって、アトピー性皮膚炎や花粉症の人の肌も健康な人に比べるとアミノ酸が不足しています。

 

上述したように、アミノ酸は体の健康維持に欠かせない物質です。

 

 アミノ酸は傷んだ細胞の修復作業をする
体内の60兆個の細胞のうち、1日に100万個ほどの細胞がガン化しているといわれています。そのガン細胞を白血球が攻撃し死滅させています。

 

ここで、一つ考えてほしいことがあります。上記したように、白血球がガン細胞を攻撃するのですが、ガン細胞のみを攻撃することはできません。したがって、ガン細胞の周辺の細胞も攻撃により傷つきます。

 

そこで、「どれくらいの正常細胞に傷がつくのか?」と考えてしまいます。

 

その数は、推測できないですが、かなりの量の正常細胞が傷つきます。その傷ついた細胞を修復しないと、その部分が新たな病気を生む原因になります。

 

その理屈から考えると人は生きてはいけません。そこで、人の体にはその傷ついた細胞を修復する物質が備わっています。

 

それがアミノ酸です。

 

一般的な考えからすると、「白血球が体を治す」ようなイメージを持ちますが、白血球はあくまで、「異物を攻撃する物質=壊し屋」です。したがって、白血球は細胞を治していないのです。

 

体内の細胞を修復して、正常な状態に戻しているのがDNA・RNAです。そのDNA・RNAはアミノ酸があることで正常な働きができます。

 

病気になるということは、その患部の細胞が壊れた状態をいいます。免疫力はあくまで「攻撃力」でしかありません。したがって、免疫力が過剰過ぎると正常な細胞も傷むことになります。

 

免疫力をあげることばかりに目を向けるのではなく、壊れた細胞を修復するアミノ酸の働きにも目をむけるべきではないでしょうか。

川本療法の神髄を伝授:無料メルマガ登録




セミナーの開催


炎症時に上昇するCRPとは、何を調べているのか


炎症時に上昇するCRPとは、何を調べているのか

炎症時に上昇するCRPとは、何を調べているのか 関連ページ

体について勉強していくと、病気は治せないことが分かる
「食べれる」「呼吸できる」「出せる」「寝れる」ができると病気にならない
脳を正常に動かすには栄養が必要である
遺伝の影響により細胞の復元能力に差ができる
5000種ある体内酵素が、細胞復元と病気の発症に影響を及ぼす
後天的な要因が細胞の遺伝情報に影響を与える
子宮頸がんワクチンの副作用から免疫を紐解く
健康な人は、異物に対する免疫反応が正常である
細胞を修復してくれる物質に「ヘモグロビン」がある
細胞を修復してくれる物質が集まり過ぎると病気と診断される
体内で発生する毒素が病気の原因になる
体内毒素の処理能力に個人差がある
アトピー性皮膚炎・膠原病・癌になる人の違いはどこにあるのか
生体水(体内に存在している水)が弱いと体内は酸化する
人の細胞は、1年ですべて入れ替わる:慢性疾患が治らない理由
自律神経の乱れが細胞修復を妨げ、病気を引き起こす
活性酸素の発生メカニズムと、その働きを紐解く
血管内を流れる血液が血管の細胞に傷をつける
過酸化脂質・糖質・タバコが血管の細胞を傷つける
合成界面活性剤は細胞にとって大敵である
小麦グルテンは、小腸壁の細胞を壊す
女性ホルモンや尿酸は、活性酸素を強力に除去する
なぜ、男性は腸が弱いのか
食事から摂取する抗酸化物質の働き
骨折により変形した関節は、なぜ元に戻らないのか
DNA・RNAが傷ついたとき、細胞復元を助ける核酸の役割とは
肝機能によるタンパク質合成能力が、細胞の復元に影響を及ぼす
背骨の配列のズレが、細胞復元に影響を及ぼす
体液(血液・リンパ液)が汚れると病気になる
体に必要な栄養素が不足すると病気になる

HOME プロフィール 川本療法の特徴 料金・診察時間 セミナー開催 お問い合わせ