77歳の男性 頸椎ヘルニアのOPE宣告、1回の施術で回避できた理由

■■西宮市で慢性疾患を中心に施術している川本治療所です

https://kawamoto-r-1926.com/

 

■私(川本)が「なぜ、病気になるのか? どうしたら回復するのか?」をまとめた

サイト「病気の治療所」も参考にしてください

 

■YouTubeでも健康情報をお伝えしています

https://www.youtube.com/channel/UC1yB3z83orLO3w3fkH4DleQ

 

■毎月 「東京の青山一丁目」 「名古屋の伏見に施術」に施術に伺っています

コロナが終息したら九州の福岡で施術開始予定です その他の日は、西宮の本院で施術しています

 

■私が監修し開催しているセミナー「アドレナル・セラピー」という「副腎の働きや皮膚刺激の重要性」を学んで頂くセミナーを開催しています

アドレナル・セラピー詳細

アドレナル・セラピーは現在、5期の「もっと人へ」と6期の「人へ」を開催中です。

次回の「自分へ」の開催が決まりましたらまた報告させて頂きます。

■頸椎ヘルニアのOPEを宣告された77歳男性 痛み・痺れ改善しました

副腎が疲労症候群や自己免疫疾患の方が多いと思われていますが、併せて多く来院されるのが、腰椎や頸椎のヘルニアの方です

現代医療のOPEの技術は、素晴らしいものがあります。しかし、多くの方は、やはり、手術は避けたいと思っています。

 

今回、来院された方は、反り腰・猫背・前肩・首が前に垂れる姿勢の方です あと、糖尿病がありそのことも問題でした。

息子さんや親せき一同、医師家系で、頸椎ヘルニアに対応してくれる医師に診て頂いていましたが

今回、医師から手術を勧められました。 「手術の前に何かやることがあるはず」と川本治療所へ。

 

まず、そのような「悪い姿勢になるメカニズム」を本人と奥様に説明させて頂きました

そして、自宅での休む時の姿勢、歩き方、自宅ケア法をお伝えしました。

幸いに、私の言っていることに興味を持って頂き、また理解して頂きました

 

●1回で改善方向に向かった理由

まず、頸椎ヘルニアとは、その人特有の姿勢で、「いつも同じ頸椎に圧力がかかっている状態」なのです。

したがって、頸椎の軟骨が突出し腕に分布する神経を圧迫している状態です。

 

それではどのようにしたのか?

ものすごく、簡単に言えば、いつも同じ個所にがかかっている圧力を「分散」させたということです。

その分散する方法が、川本式姿勢改善法です。その方法とは「秘密」です。申し訳ございませんが、アドレナル・セラピー「自分へ・人へ」に参加して頂いた方へ公開しています。

その患者さんや家族の方から、「先生は神の手」ですねと褒めて頂いていますが、私の施術だけで治したのではありません。1回の施術だけで頸椎ヘルニアを改善に導くこと無理だと思います。

その方の姿勢を診て、指摘して、理解して頂き、姿勢改善法や歩行法、または、休息法を実践して頂いたことでの成果です

秘密を1つ、公開、、、、、頸椎ヘルニアの施術ですが、ほとんど、痛い患部は触っていませんよ。

少し前に、同じ症状で40歳男性も1度どの施術・説明で頸椎ヘルニアから解放されました。

 

慢性疲労症候群や自己免疫疾患だけではなく、このような症状の方もご連絡ください。

 

●頸椎ヘルニアの改善方向は

このブログでもhttps://karada-naosu.com/blog/?p=3050

注:今回の改善は、「ある欠点が姿勢にあったことがポイントです」どのようなヘルニアでも

改善することは難しいです その点は宜しくお願い致します。

 

■■■■本当の治療をお探しの方は「病気の治療所」のお問い合わせフォーム

http://simmer-ex.com/L37484/b0/2t8271 に現在の状態や悩んでいることを記載してください。

 

電話でのお問い合わせも可能です 0798-33-4557 川本治療所

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ