腎臓病(IGA腎症)を患う2人が回復傾向です

川本治療所です

明日から1泊2日で東京です。施術の予約は今回は空きがないために受けておりません。

昨日は香川県から痩せ型、副腎疲労の男性が来院頂きました。遠方からの来院には本当に感謝です。
熱心なYさん、きっと良い方向に向くと思います。

さて、今月は改善して頂いた患者さんが多くいる月でした。

その中で、IGA腎症という腎機能が弱りたんぱく尿・潜血が陽性になる、慢性の腎機能低下症です。

今回嬉しかったのは、2人とも「成人」であったことです。

お子様のIGA腎症の患者さんが川本治療所に来ていただければ、自宅のケアと月1回の来院で回復傾向になることが多いです。

しかし、成人のIGA腎症は子供のようにはいきません。

今回は20代と30代の女性です。

20代の方は長期にわたり、30代の方は5年前に出産してから約6年間、たんぱく尿・潜血でした。

川本では、IGA腎症も免疫の過剰と考えています。

自身の免疫が「腎臓に常在している細菌・ウイルスまたは排出物を過剰に攻撃」してしまい、正常細胞まで傷がついてしまうことで発症します。

自宅での自己指圧や川本温圧(温める器具)をしていただき、時々川本治療所に、、、

あとは、小麦加工製品や過酸化脂質(植物油を使った加熱食品)を極力避けて頂きます。

2人ともとても喜んで頂き、自宅での自己指圧の威力を改めて知って頂きました。

IGA腎症でお困りの方、遠方の方でも1度来院して頂ければ、改善方法を学んで頂けます。

特にお子様のうちに治療をする事をおススメします。なお、症状の改善には個人差があります。

 

お知らせです 。今日のブログに書いた内容が「病気の治療所」の「副腎と自己免疫」の欄に詳しく述べていますので参考にしてください。

身体にことや治療法に関するお問い合わせは、HPの右上のメールアドレスをクリックしてメールして頂くか、「病気の治療所」のお問い合わせフォームよりメールしてください。

また、電話でも受け付けています。0798-33-4557です。

一人で悩まずに気軽な気持ちでご連絡ください。

尚、皆様からのお問い合わせメールの返事は2~3日以内に返信しています。メールをしたが4日を過ぎて返事がない場合は、

携帯電話の設定がパソコンからのメールを拒否している場合がありますのでご確認ください

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ