精子を攻撃してしまう。。。過剰免疫疾患を克服。無時に出産できました。

西宮で自己免疫疾患・慢性疲労症候群を中心に治療している川本治療所です。

病気が長期化し困っている方は一度、HPをお読みください。

■ウェブサイト上で、私(川本)が「身体の仕組み」について纏めたサイトがあります。

タイトルは「病気の治療所」といいます。一度、閲覧して頂ければ幸いです。

現在、メルマガ登録を募集しています。病気の治療所からメルマガ登録して頂くと

7本の未公開動画を閲覧して頂けます。よろしくお願いいたします。

 

■■精子を攻撃してしまう体質だったYさん無時に出産できました。

2日前に頂いたメールです。

Yです^ ^

昨日、無事女の子を出産いたしました(^ν^)
これも先生の施術や、サプリなどアドバイスいただけたおかげです(^^)

3600グラムと大きいため帝王切開となりましたが、特に貧血などもなく、安定しております(^^)

傷跡に紹介して頂いたオイルなど使いながら、ケアしていこうと思っています^ ^

また体調落ち着いたら施術に伺えたらと思います(^^)

先生もお身体お大事にされてくださいね(^^)

コロナウイルスが蔓延している中、色々な心配がありましたが、日々の自己指圧や東京での施術に通院して頂き

皮膚の過敏→副腎疲労→過剰免疫ルート克服、無事に出産されました。

生後2日でこのお顔、将来、美人さん間違いないですね。Yさんおめでとうございます!(川本)

 

以前Yさんのことを紹介したblog内容を抜粋します

全文をみたいと思う方はhttps://karada-naosu.com/blog/?p=3102

 

超アレルギー体質のYさん、体外受精、2回目で妊娠 安定期に、、、、

Yです。予約がとれて嬉しいです。

36才
・病歴
10才くらいに潰瘍性大腸炎直腸型を発症、ペンタサやステロイドで治療
一度緩和しましたが、受験や就活などストレスがかかると出てしまいます。
直近では去年の夏に旅行で発症しました。
そこまで出血はひどくなかったですが。

その他
貧血、不整脈 頭痛 メンタルの浮き沈みが激しい 倦怠感 PMS

などを感じています。

・現在困っていること
不妊です。
結婚して10年、36才です。夫は40才です。
会社経営をしているのでずっと多忙で、2年前くらいから子供を意識してタイミング療法などをやりはじめました。
一度人工授精をトライしましたが不発でした。
検査を行い、夫婦ともに何もトラブルなしとのこと。
ただ私の体質で、「夫の精子をやっつけてしまう」と医師から指摘され、子宮内を検査したときは活動しているのが少なかったようです。
今年の夏ぐらいには体外授精にふみきろうと思っており、養生生活を意識しております。
先生のメルマガを見させていただいてて、今回お願いいたしました。

Yさんは、超過敏体質です。
幼少期に潰瘍性大腸炎を発症するほどの過敏症で、各種アレルギーに悩まされてきました。
医師に指摘された「夫の精子をやっつけてしまう」とい理由は、自己を守ろうとし過ぎることで、
精子をも敵と感じ攻撃を仕掛けてしまうのです。

そのような過敏体質の人が、体外受精をしたとしても、成功率は低いということをYさんにお伝えしました。
なぜなら、卵子は自分の一部、しかし、そこの精子が結合した受精卵は「異物」になるからです。
体外受精をする人ほど、「皮膚(神経)刺激(川本療法)」が必要であることを理解頂き、施術を開始しましました。
それと、生体水・自宅ケアの重要性も理解して頂き、東京施術にも通って頂きました。
約半年で、メールのやり取りは20通を超え、不安を解消していきました。
不妊とアレルギーとの関係は、私がWEB上で綴っているこのページを参考にしてください。
体外受精を視野にいれて、妊活をしている方は、まずは受精卵(異物)を受け入れる準備を夫婦で行うことが先決です。

■■アドレナル・セラピーセミナー、延期中です

私が監修するアドレナル・セラピーですがコロナウイルスのことで開催が延期になっています。

開催が決まり次第連絡させて頂きます。

アドレナル・セラピーとはhttps://karada-naosu.com/soudan.html

今回の、どなたでも参加できる「自分へ」の詳細はhttps://karada-naosu.com/en360.html

参考にしていただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

 

■■本当の治療をお探しの方は「病気の治療所」のお問い合わせフォーム
https://karada-naosu.com/mail.html に現在の状態や悩んでいることを記載してください。

電話での予約も受付ています。0798-33-4557 よろしくお願いします

サブコンテンツ

このページの先頭へ