中3・起立性調節障害克服 スペインに1カ月留学

西宮で自己免疫疾患・慢性疲労症候群を中心に治療している川本治療所です。

病気が長期化し困っている方は一度、HPをお読みください。

■■起立性調節障害 頭痛 各種アレルギー反応 耳管開放症で来院

T君は中学2年の春に体調を崩し、夏から3カ月学校を休まないといけない状態になりました。

発症当初は、病院では病名がつかないことで整体院に通っていましたが、体調が回復せづ、

子供病院を受診し、そこで起立性調節障害と診断され、血圧上昇薬や睡眠導入剤などを処方されました。

 

■川本治療所に来院

中学2年の終わりに、T君が来院してきたときは、起床時間が午後の2時を過ぎることが多く

動く気力がない、無理に動くと「ぐたっ」とするほど疲れる状態でした。

問診で、T君とお母さまに、起立性調節障害とは何か? なぜ、T君が発症したのか?

その他にも、体のメカニズムを話をして理解して頂きました。

自宅ケアのための、グッズを3点購入して頂き、施術と施術の間、しっかりと自宅ケアをするようにお願いしました。

自宅ケアと3回目の川本療法終了時には、朝、起きれる日が多くなってきました。

途中、風邪を引いて蕁麻疹がでたりしたこともありましたが、順調に回復し大好きなサッカーができる日も

増えてきました。

それでも、花粉や原因不明のアレルギー物質には、まだ、反応するので、だるさがあったり、動いた後、疲労感が出たりの時期もありました。

10回目の施術後ぐらいから、グッと上昇傾向になってきました。

朝も8時には起床できるようになりました。

 

■中3の1月、夢だったスペインに短期留学できました

T君は、兼ねてからヨーロッパ、特にスペインに行きたいと思っていましたが、体調不調であきらめていました。

しかし、3カ月前、体調が上向きになってきた際に、親に「スペインにいきたい」と話をし承諾っを得て

スペインに短期留学に行って、無事に帰ってきました。

素晴らしいことです。

 

■一番心配なのは帰国後の体調

スペインに行けたことは、私もとても嬉しかったですが、一番心配していたのは、目標を達成した後の

疲労感でした。

スペインに行く前や行っている時は、副腎が頑張ってホルモンを生産してくれます。

しかし、帰国後は目標達成の「ホッと」した状態になるときに、副腎ホルモンの生産量も低下します。

その時が、一番、疲労感や感染症に見舞われることが多いからです。

しかし、その心配は無用でした。

帰国後のT君は、留学前より、さらに、大人に、そして自信に満ちた顔をしていました。

体調も「前よりもいい」と言っていました。

ここまでくれば、もう心配はないと思いますが、ここで一気に治し切ろうと思います。

 

自宅でお子様ののケアをしてくださったりサプリメントにも理解頂いたご家族にも感謝です

常々、言っているように病気を治すのは、治療家ではありません、

治療家と本人と家族がタッグを組むことで道は開けます。

■■3月の予定

3月9・10日 名古屋(伏見)施術 予定通り行います。1枠募集

3月13・14日 東京(青山一丁目)施術 予定通り行います。1枠募集

名古屋・東京の料金などはhttps://kawamoto-r-1926.com/yoyaku.html ここをご覧ください。

3月西宮、川本治療所・初診枠2名募集します。

申し込みは川本治療所HPのhttps://kawamoto-r-1926.com/script/mailform/mail01/ ここからと

お電話でも承っております。 0798-33-4557

 

■現在、私が運営するサイト「病気の治療所」からメルマガを登録して頂いた患者さんに川本療法の「基礎講座」の動画を配信しています。 興味のある人はメルマガに登録して、動画を閲覧したり不定期に送信されてくるメールもあわせて健康維持や病気改善にお役だてください。

また、治療に関する予約・お問い合わせは、電話 0798-33-4557

■■アドレナル・セラピーの「自分へ」東京の日程変更日が4月12日になりました。
コロナウイルの件で予定していた3月8日を延期し、代わりの日や場所を模索していましたが
4月12日 六本木駅 徒歩2分のサロンに決まりました。

尚、西宮のセミナーも日程変更になる可能性が高くなりました
3月22日を予定していましたが4月19日もしくは26日に変更に予定です
追って連絡させて頂きます。

2020年 アドレナル・セラピー®の「自分へ」詳細や申し込み方法は、
https://karada-naosu.com/en360.html を参考にしてください。

 

1年に1度だけのセミナーになります。募集人数に達した時点で募集終了させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ