頸椎ヘルニアからの手の痺れが1回で改善したのは、、、、この方法です。

西宮で自己免疫を中心に施術している川本治療所・川本です。

 

■10月予定

10月11・12日 東京(青山一丁目)施術 キャンセル待ち

10月17・18日 名古屋(伏見)施術 キャンセル待ち

その他は西宮の川本治療所にいます。

西宮の本院  初診患者さん受付します。

10月20日 アドレナル・セラピー「もっと人へ」卒業試験

 

■頸椎ヘルニアからの手の痺れが改善方向に、、、、、

三重県から来て頂いているTさん 40代後半 女性

手の痺れで大きな病院や整骨院などに行きましたが改善せず、娘さんの紹介で川本治療所に。

 

頸椎が悪く手が痺れているので、当然「頸椎に対してアプローチ」します。

しかし、川本療法は頸椎へのアプローチもしますが、主に行うのは、「立ち方・歩き方」改善です。

例えば、東京タワーの土台の足が1本だけ短くなったとします。

そうなると、タワーの上部は傾きますね。

人の場は、足首の角度によって、仙骨の角度が「前傾したり後傾したり」します。

 

■Tさんの初診時の足の角度

 

このようになっています。このようになっているのは、太ももの骨が内旋(ないせん)していることで足首が内にむきます

このような足の形では仙骨(骨盤)は「前傾」します。背骨は仙骨に乗っているので、

前傾した仙骨に乗った背骨は滑って前方に傾きます。

腰の骨は前に=滑り症 背中は後ろに=猫背 首は前に=ストレートネックで頸椎負担 となります

 

 

この図は「アドレナル・セラピスト」のRさんの記事をお借りしました。

https://ameblo.jp/x-artoflife-x/entry-12463673536.html?frm=theme参考にしてください。

 

1か月間 川本(アドレナル・セラピー)式、姿勢改善法を実践して頂きました。

1,太ももの骨を外に向けるエクササイズ

2、太ももの骨を外に向けることを邪魔している筋肉を緩める丸太やテニスボール刺激

3、背中の上部、前に垂れた首を支えている首と肩の移行部をソロバン器具で

4、歩き方改善 「べちゃ靴」の使用を禁止して2センチヒールを推奨

Tさんは、本当にまじめに、1~4を実践してくださいました。

 

その結果、、、、、、、、、、、

見事に、太ももの骨が外へ向き、足首の角度が合格ラインに、、、、まだ完全ではないですが1ヶ月でこの変化は

本当にまじめに実践して頂いた結果です。

初診時から一緒に施術を見ていた娘さんもコメント頂きました。

今回、治療に行かせてもらい自分の常識、大勢の人の常識を疑ってみる必要があると感じました。

母の記事をきっかけに多くの人が自分自身の姿勢に目を向けるきっかけになればと思います。

自分の病気や体調に悩み本気で治したいと考えている人がいればまた川本治療所を紹介させて頂きたいと思います。

母の姿勢を改善して頂き本当にありがとうございました。

また、何かあればよろしくお願いします。

しかし、先生「本当に変わりましたね、、母はすストイックなんで、やってくれると信じてした」

と、メールくださいました。

 

写真のような足の形になると、仙骨角度が正常になり姿勢は改善されます、その結果、頭(頸椎)が胸椎に乗ることで、頸椎での神経圧迫も改善します。

したがって、治らなかった手の痺れが1カ月でほぼ改善。

頸椎へのキツイアプローチを避け、足の形を治し、仙骨(骨盤)の角度を正常化させることで首の角度をも正常化させる。

しかも、自身の努力でできるのです。

これが川本(アドレナル・セラピー)式 姿勢改善法の良さと実績です。

アドレナル・セラピーの「自分への講座」で習得できます。4期生、「自分へ」は 2020年3月末開始予定

注)この方法を理解せずに足首だけ外に向けて、「真似る」人がいますが、膝の外が痛くなったりしますので

形だけを真似るのは避けてください。

 

川本治療所では、自己免疫疾患や慢性疲労症候群の施術以外に、姿勢改善法なども指導しています。

なぜなら、姿勢が悪いと、背骨の中を通る「神経の流れ」が悪くなり、内臓や器官の機能低下が起こるからです。

現在、私が運営するサイト「病気の治療所」からメルマガを登録して頂いた患者さんに川本療法の「基礎講座」の動画を配信しています。 興味のある人はメルマガに登録して、動画を閲覧したり不定期に送信されてくるメールもあわせて健康維持や病気改善にお役だてください。

また、治療に関する予約・お問い合わせは、電話 0798-33-4557

もしくは、川本治療所のお問い合わせフォームからメールください。

 

■私が監修するセミナー「アドレナル・セラピー」に興味がある方は一度、閲覧してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ