副腎疲労改善と10キロの減量

川本治療所です。

今日のお勧めの本は、

ビタミンD 本
ビタミンDは、長寿ホルモン 斎藤嘉美 緒

カルシュウムの吸収や、くる病に関係が深いと知られているビタミンDですが、

最近ではビタミンではなく「ホルモン」という考えが主流になってきています。
川本治療所でも、よく使用するサプリメントの一つです。
一度、ホルモンDのことを勉強されてみてはいかがでしょうか。

 

ここからは副腎の話

副腎疲労になると不思議な事が起こります。
それはお尻から太ももだけが太くなります。
不思議でしょ。

上半身は痩せても下半身は太くなります。
痩せ型へにゃへにゃちゃんはそうならず全体が痩せます。

この症状は男性でも起こります。
下半身はデブでお悩みの方は、運動では痩せません。

ホルモンを正常に戻さねばなりません。

 

さて、今日の改善報告は
50歳代前半の女性。副腎疲労とは知らずに来院して頂きました。
症状は、

①慢性の頭痛

②両肩に五十肩のような鈍痛

③腰痛と右膝の鈍痛

④慢性の腹部違和感 などでお悩みでした。

この方治療は最初は月2回の慢性治療のコースと痛みがひど時は30分の「歩行改善コース」を併用しました

副腎・10キロ痩せ 女性
糖質制限は夜の炭水化物を抜いて頂きました。
ホルモンの重要性を理解して頂き、慢性治療では副腎と甲状腺を中心に
内臓のへのアプローチを心がけました。

その結果、 1年かけて10キロの減量に成功し、2年を経過しても体重は現状を維持しています。
この方のような症状の患者さんはとても多いです。

慢性頭痛に多関節痛などですが、病院では原因がわからないことが多いです。

またホルモン の事を西洋医学は説明してくれませんね。

車と人で例えると
車のガソリンにあたるのは、「食事」
車のオイルにあたるのが 、「ホルモン」です。

食事法ばかりに力を入れている人がおおいですが、「ガソリン」ばかりに気を取られています。
時には「オイル」=ホルモンの重要も考えてみてはいかがでしょうか

 

お知らせです 。今日のブログに書いた内容が「病気の治療所」の「ストレスと副腎」の欄に詳しく述べていますので参考にしてください。

身体にことや治療法に関するお問い合わせは、HPの右上のメールアドレスをクリックしてメールして頂くか、「病気の治療所」のお問い合わせフォームよりメールしてください。

また、電話でも受け付けています。0798-33-4557です。

一人で悩まずに気軽な気持ちでご連絡ください。

尚、皆様からのお問い合わせメールの返事は2~3日以内に返信しています。メールをしたが4日を過ぎて返事がない場合は、

携帯電話の設定がパソコンからのメールを拒否している場合がありますのでご確認ください

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ