乳幼児の皮膚炎の原因

 乳幼児の皮膚炎の原因は何なのか
皮膚炎の原因は、食品添加物や空気中の排気ガスなど多くの化学物質の影響といわれています。

 

しかし、生まれて間もない乳幼児は、食品添加物などのアレルゲンの摂取量は少ないのに皮膚炎を発症する子供がいます。

 

体外から入ってくるアレルゲンが少ないのに、皮膚炎を発症することに不思議さを感じます。

 

それでは何が原因で、乳幼児の皮膚炎が起こっているのでしょう。

 

その1つに、母体にある化学物質が臍の緒や羊水を通じて胎児に移行したことがあげられます。

 

 子宮には多くの化学物質が集まる

 

 

 

 

 

 1歳児の予防接種は多くの化学物質を体内に入れる
しかし、多くの人が気付いていないことがあります。

 

それは1歳児に行う予防接種の薬剤の影響があるということです。現在行われる1歳児の予防接種はなんと、19種類に達します。

 

元、国立公衆衛生院の免疫部感染症室長だった母里 啓子(もりひろこ)氏著の「もうワクチンはやめなさい」のなかで以下のように述べています。

 

 @

 

うぶな赤ちゃんの体内に強制的に入ってくる薬剤はまさに化学物質の塊のようなものです。親はそれを受けないといけないと洗脳されているので何の疑いもなく受けますが、赤ちゃんの体内でどのようなことが起こっているかは考えもしません。

川本療法の神髄を伝授:無料メルマガ登録




セミナーの開催


乳幼児の皮膚炎の原因


乳幼児の皮膚炎の原因


HOME プロフィール 川本療法の特徴 料金・診察時間 セミナー開催 お問い合わせ