血液中のコレステロールが高くなる理由

 コレステロールは重要です
人が生活していくうえで、ホルモンは必須です。このホルモンの多くは、肝臓が合成するコレステロールを材料にして造られます。また、コレステロールは脳の栄養や血管の壁の栄養であり、細胞膜の材料や胆汁の成分としても重要です。体(細胞)にコレステロールが不足すると健康維持ができません。

 

 現代人にはホルモンが必要です
上記のように、体に必須なコレステロールですが、なぜ、「血液中のコレステロールが高い」人が多いのでしょうか? それは、現代社会はストレスが多いからです。このストレスを乗り切るためには、肝臓がホルモンの材料となるコレステロールを多く造る必要があるためです。

 

さらに現代では、脳の栄養であるコレステロールも多く必要とします。その理由は、肉体労働の仕事が減り、デスクワークのような脳を使う仕事が増えたからです。

 

上記のことから考えますと、肝臓がコレステロールを毎日造っても、体が必要とするコレステロールの量も多く、どちらかといえば不足しそうなものです。しかし、血液検査でコレステロール数値が高い人はが不思議と多いです。

 

「血液中のコレステロールが高い」ことの解釈の違い
一般的には、血液中のコレステロールが高いというのは、「肉や油物の食べ過ぎによって、コレステロールが血液中に多くある状態」と解釈している方が多いと思われます。しかし、コレステロールの75%は肝臓で合成されます。食品由来のコレステロールは、,残り25%しかありません。

 

そのことから考えてみると、肉や油物を食べたことが原因で、血液中のコレステロールの値が高くはなりにくいことはご理解して頂けると思います。

 

ここで、私が以前からずっと抱いてきた「血液中のコレステロールが高い」ことへの疑問があります。下記に私の疑問を書いてみます。 

 

まず、脳には多くのコレステロールが必要です。体内にある全コレステロール(約100〜150グラム)の3分の1が脳内にあります。現代人は脳を多く使いますが、脳にコレステロールは足りているのでしょうか?

 

人の血管は約10万キロ(赤道付近で計測して地球2周半)あります。この血管の弾力性を保つのにはコレステロールが必要です。この10万キロの血管に、くまなくコレステロールは届いており、余ったコレステロールが血液中に多くあるのでしょうか?

 

他にも、細胞は60兆個あるといわれています。この細胞の「膜」は生命維持のためにとても重要な働きをします。この60兆個の細胞の膜にコレステロールがくまなく届いており、余ったコレステロールが血液中に多くあるのでしょうか?

 

さらに、「ホルモンの材料」や「胆汁の材料」にもコレステロールが必要です。このように人が生活していくためには、あらゆる場所でコレステロールが必要なのです。

 

 コレステロールが余るはずはない
私の治療経験から、最近の病気の傾向は「うつ病」や「パニック症」または「慢性疲労症候群」や「アトピー性皮膚炎」のようなホルモンが関係して発症する病気が増えています。またそのような病気の方の血液検査を確認しますと、「血中コレステロールの値が高い人」が多いことに驚かされます。

 

何度もお伝えしてきたように、肝臓でコレステロールを合成した後にホルモンが造られます。人は、ホルモンを利用して病気に打ち勝とうとします。難病の人ほどホルモンを多く必要とします。それなのに、上記したように難病の人の血液中のコレステロールの値はなぜ高いのでしょうか?

 

ここではアトピー性皮膚炎を例にあげて説明します。アトピー性皮膚炎の人は、体の痒みに悩まされます。体自身も副腎で合成した「副腎皮質ホルモン」を造り、痒みを緩和しようとしてくれています。この副腎皮質ホルモンの材料は「コレステロール」です。

 

そのことから考えますと、アトピー性皮膚炎の患者さんは、とても多くのコレステロールを使うはずです。むしろコレステロールが足らないことが想像できます。

 

ですが、アトピー性皮膚炎の患者さんの血液中に存在するコレステロールの値は高い人が多いです。同様に「うつ病」の人なども同じような状況になっている場合が多いです。

 

 行き場のないコレステロール
難病の方はなぜコレステロールの値が高いのかを説明していきます。

 

ストレスや病気と戦うために、肝臓でホルモンの材料のコレステロールが造られています。肝臓が毎日コレステロールを造り続けると肝臓自身が疲れてきてしまいます。

 

疲れた肝臓が造るコレステロールは「質」が低下してきます。私は質の悪いコレステロールのことを、「B級品のコレステロール」と説明しています。質の悪いB級品のコレステロールは、細胞では利用できないので、細胞は受け取ることができません。

 

受け取りを拒否されたB級品コレステロールは、行き場を失い血液中をさまよいます。このように質の悪いコレステロールが行き場を失った状態を、血液検査では血液中のコレステロールの値が高いと判断されている。

 

このような仮説を私は考えています。

 

世の中の常識とは、「大勢の意見」のことを指します。つまり、常識であることが必ず正解ではありません。実際、これまで常識とされていたことが間違っていた「ことは多々あります。例えば、昔は天動説が常識だった時代もあったくらいです。

 

医学界は特にこのような常識に縛られることが多いです。みなさまも、生きていくのに必須なコレステロールがなぜ、余るのかを少し考えてみてください。

川本療法の神髄を伝授:無料メルマガ登録




セミナーの開催


血液中のコレステロールが高くなる理由


血液中のコレステロールが高くなる理由


HOME プロフィール 川本療法の特徴 料金・診察時間 治療家向けセミナー お問い合わせ