自己免疫性の肝炎改善

川本治療所にて。

兵庫県の氷上(ひかみ)から約2時間以上かけて夫婦で来院されて頂いている、Hさん。

風邪を引くと肝臓の数値が上昇します。これは風邪のウイルスを攻撃する際に、肝臓に常在しているウイルスをも攻撃して起こる自己免疫疾性の「肝炎」と推測しています。

食事改善、思考の転換と川本療法を開始して「風邪引き体質」「頭痛」「慢性の胃炎」が軽減したHさん。

施術開始からの初めての血液検査で、肝臓数値が正常になりました。

少し前から肝臓数値が高い値だったのでとても喜んで頂きました。

遠くから高速道路代金も使ってきて頂いているHさん、何とか良い方向に持っていけてホッとしています。

 

さて今日は現代病の話です。

現代病とは?

昭和11年に開院の川本治療所ですが、おじいちゃんの時代に少なく、私が継承して25年になりますが、

この期間にどの様な病気が増えたのでしょうか?

あくまで川本治療所の統計という事(主観)で書かせて頂きます。

おじいちゃんの頃は
重い物を持っての「腰痛」
力仕事からくる、「首痛」
使い過ぎてからくる「腱鞘炎」など

「原因」と「結果」が解りやすい症状が中心でした。

昭和60年前後(今から20年ほど前)に生前、おじいちゃんが、

「ノイローゼ」の患者さんが増えてきたぞ、正己(私)の時代は治療が難しくなるぞ!

っと「宣言されていました」

他にもアレルギーやアトピー性皮膚炎、自己免疫疾患などが増えてきました。

ヘルペスに罹る人もとても多くなりました。

この時代によって何故、罹る病気が違うのか? その違いは不思議な事ではなしでしょうか?

次回から現代病の原因を書いていきたいと思います。

 

お知らせです 。今日の[おじいちゃんの提言」のことをより掘り下げた内容が「病気の治療所」のこのページに詳しく述べていますので参考にしてください。

身体にことや治療法に関するお問い合わせは、HPの右上のメールアドレスをクリックしてメールして頂くか、「病気の治療所」のお問い合わせフォームよりメールしてください。

また、電話でも受け付けています。0798-33-4557です。

 

尚、皆様からのお問い合わせメールの返事は2~3日以内に返信しています。メールをしたが4日を過ぎて返事がない場合は、

携帯電話の設定がパソコンからのメールを拒否している場合がありますのでご確認ください

サブコンテンツ

このページの先頭へ